両足切断からの復帰 ザナルディが自伝を出版
2001年9月11日、米国で同時多発テロ。その4日後の9月15日、アレックス・ザナルディがCARTチャンプカー・シリーズのヨーロッパ初開催となるドイツで8万7000人の観衆が見つめる中、両足切断の大事故。別に彼のファンでもCARTが好きなわけでもなかったのですが、あの映像は衝撃的だった。300キロ全開の車が彼の車側面に突っ込んで、車体は一瞬にして真っ二つ、何センチかずれていたら彼は生きていないはずで、両足切断だけでも運がよかったと思うようなクラッシュ。

その事故から復帰して今再びレースを戦っているザナルディが今回、自伝を出版。彼はF1では成績を残せなかったのですが、CARTでは2回もチャンピオンになっている。今回、改めてキャリアを調べるとF1デビューはベネトンに引き抜かれたミハエル・シューマッハーのあとにジョーダンからデビューしていて、この交差って明暗とまでは言わないけど、いろんな意味合いがあるよね。

アレックス・ザナルディー(Alessndro ZANARDI アレッサンドロ・ザナルディー、AlexはCART転向後)
国籍 イタリア 生年月日 1966年10月23日
91年 ジョーダンからスポットでF1デビュー。
92年 ミナルディでスポット参戦、ベネトンのテストドライバー。
93年 ロータス・フォード
94年 ロータス・無限ホンダ
96年 CARTシリーズ3位
97年 CARTシリーズチャンピオン
98年 CARTシリーズチャンピオン
99年 ウィリアムズ・スーパーテック

CARTチャンピオンからウィリアムズでもF1チャンピオンになったジャック・ビルヌーブと入れ替わるように、期待されF1に復帰するが無得点に終わり、この年で契約を1年残していながら解雇される。この解雇で2000年、ザナルディがおさまるはずだったシートを得たのが、今をときめくジェンソン・バトンなわけで、やはりザナルディはF1では影の人かな。またその時のチームメイトはラルフ・シューマッハ。ラルフは99年からウィリアムズ在籍なのに最後までフランク・ウィリアムズ御大の信認を得なかったねぇ、トヨタではどうかな、ちょっと不安。

01年 CARTシリーズ ドイツでのレース中の事故により、両足の膝から上を失う。

現在は義足の生活で再びレーサーとしてツーリングカーレースに参戦。
[PR]
by markzu | 2004-09-22 03:36 | F1 (2004)


<< 寒いです! ジャガーがF1撤退と工場閉鎖を発表 >>