□■中学生高校生にエイズまん延の恐れ(厚生労働省)
中高生にHIVまん延の恐れ=20代前半患者が急増-厚労省エイズ動向
新規にエイズを発症した20代前半の患者数が急増しており<省略>エイズは感染から発症まで約10年の潜伏期間があるとされ、20代前半での発症者は10代前半に感染した可能性が高いとみられる。
ということはすでに10代前半での感染がひろまっているという事ですよね。10代前半でエイズ感染ってどういうこと・・・信じられないけど事実なわけで・・・10代前半でセ○○スをすると人生終わりです・・・という結論になるのかな・・・親御さんがかわいそう。
2004年10月22日
[PR]
by markzu | 2004-01-01 00:17 | マークズ通信(2004)


<< □■銀行の金庫室で5826万円... □■有線ブロードもダイエーホー... >>