□■米大統領選 前回は機械式投票、今回は電子投票で大混乱になるかも?
ハッカーや数値改ざん…米大統領選、電子投票で混乱も
今月2日に行われる米大統領選挙では首都ワシントンと全米29州で電子投票機が導入される。全有権者の約3割が電子投票機を使用する見通しだが、ハッカーによる不正行為などへの対策不足を指摘する声が相次いでおり、混乱の火種になりかねない。
米国の電子投票機システムは、投票所に設置されたタッチパネル式のコンピューター端末が、有権者の氏名などを登録した外部のデータベースと接続する仕組みで、ハッカーの不正な侵入行為によるソフトの書き換えや、機器の維持管理作業を装った集計値の改ざん、停電によるデータ損失などの危険性が指摘されている。

前回はあまりにもローテクなシステムに驚きましたが、今回はハイテクゆえの危険性?

8割↓って、絶対に何か問題が起こりますよね。
民間の調査では、全米の専門家の約8割が、電子投票の保安対策に問題ありとの見方を示した。
2004年11月02日
[PR]
by markzu | 2004-01-01 00:59 | マークズ通信(2004)


<< □■島田紳助のあの謝罪は「ウソ... □■運転中の携帯で逮捕者まで(... >>