□■W杯10大誤審DVD(国際サッカー連盟制作)に韓国が怒っています
W杯10大誤審DVDに韓国が遺憾
韓国の聯合ニュースによると、韓国サッカー協会は3日、国際サッカー連盟(FIFA)が制作したDVDの中でワールドカップ(W杯)の「10大誤審」に韓国戦が4件も含まれていたことについて、FIFAに対して遺憾の意を表明すると決定した。
誤審問題を掲載し続けた「週刊文春」制作ではありません。国際サッカー連盟制作DVDです。

日本語の朝鮮日報はサッカーを知らない人が書いた感じで、記事に間違いがあります。

そしてこのDVDを詳しく書いているのが東亜日報です。
韓国サッカーの「ワールドカップ4強神話」に致命的な傷をつける資料が出た。・・・神話です!
この記事によると1位から10位まで順位がついていて、その6位から9位までがなんと神話の舞台の日韓W杯韓国戦。そして神(FIFA)は同じ間違いを起こさないように永遠に語り継ぐことに決めました?(このDVDをFIFAが永久保存する資料とした) 国際サッカー連盟(FIFA)も思い切ったことをしますね。僕もこの4件は誤審と信じているのですが、これはちょっと韓国がかわいそう。

6位-イタリアとの16強戦の延長戦で、イタリアのトンマージがゴールデンゴールを決めたがオフサイドの判定により無効となったこと。
7位-6位と同じ試合でトッティーがゴール前ドリブルをしているところを守備手に引っかけられて倒れたがペナルティキックではなくシミュレーション判定を受けて退場となったこと。
8位-スペインとの8強戦の際、スペインのモリエンテスがセンタリングを受けてヘディングゴールを決めたが攻撃者ファウルが宣言され、無効と判定されたこと。
9位-8位と同じ試合で、モリエンテスがサンチェスのクロスパスを頭で受けてゴールを入れたがパスする時に既にボールがエンドラインを離れていたという理由で無効となったこと。


100年の歴史のワールドカップを通して「10大誤審疑惑」を選定したとありますが、そのうち4件は日韓W杯の韓国びいき誤審。つまり100年の歴史上のわずか1週間以内で約半分の誤審。韓国では4強神話、でもFIFA公認4強誤審・・・になるのかな、最悪。
2004年11月04日
[PR]
by markzu | 2004-01-01 01:11 | サッカーTV観戦その他


<< □■今日開幕戦デビュー10分間... □■10月28日から始まったY... >>