ロミオとジュリエット
2004年11月20日、バレエ鑑賞してきました。

「ロミオとジュリエット」
シェイクスピア原作
英国ナショナルバレエ

ルドルフ・ヌレエフが1977年、このバレエ団のために創った作品とのこと。2時間55分(休憩2回)の大作でした。

ラブシーンがかなりあり、その表現方法でジュリエットを持ち上げたり、ロミオの背中にまつわっていたりと彼女が「浮いている状態」での踊りが印象的でした。昨年ロシアのバレエ団で体重増加を理由に解雇された女性が、不当だと裁判沙汰になったニュースがありましたが、たしかに重いと男性は辛いですよ、今回のようなバレエは特に。

高橋絵里奈さんとKei Akahoshiさん
a0000883_0341939.jpga0000883_0405518.jpg









ジュリエットは日本人の高橋絵里奈さん(写真大)でした。2000年からプリンシパルですから、前回の白鳥の湖も、日によっては主役を演じていたかも知れません。

とても華奢な体に見えて、何度もあったラブシーンのはじめの方はあまりにも幼い感じで、ちょっと違和感がありました。しかし途中からそれも感じなくなったのですから、やはり「技」があるのでしょう。右の写真はバレエ団のサイトのです。今回の役とはまったく違う力強い感じで、特に脚はスゴイ、素晴らしいです。いずれ写真が変わる?と思い今回ここにコピーしました。

またもうひとり、日本人の方が出ていました。Kei Akahoshiさん(写真小)、どうしても日本のサイトで探すことが出来ません(ですから日本語がわかりません)どなたか教えてください。白鳥の湖でも出ていましたが、今回はかなり目立つ役だったので、いずれプリンシパルになるのではないでしょうか、期待したいです。

+追伸 2005年1月2日
メールでKei Akahoshiさんの漢字教えて頂きました。「赤星 慶」と書くそうです。ありがとうございました。
[PR]
by markzu | 2004-11-21 23:03 | バレエ鑑賞


<< ホンダ、F1チームB・A・Rに... 「レッドブル」がジャガー買収と... >>