□■ブログの双方向性を理解できない東大卒新聞記者の哀れなブログ
見世物的ブログとしては、最高に面白いかも知れません。貴方何者?という勘違い男の最低な投稿記事に対して「おかしいだろう」のコメント→削除→コメント→削除のイタチゴッコ的なショーが展開されています。

この方の自己紹介はなぜか英語です。でもこの英語は・・・。

2004年12月5日
[PR]
by markzu | 2004-01-01 03:33 | マークズ通信(2004)


<< □■武部、冬柴自民公明両幹事長... □■ウクライナ大統領選100万... >>