□■パレスチナ議長戦、アッバス氏が圧倒的勝利[BBC]
Abbas wins Palestinian landslide

BBC NEWS トップ記事(Last Updated: Monday, 10 January, 2005, 12:07 GMT)

パレスチナ議長戦、アッバス氏が圧倒的勝利

パレスチナ穏健派のマフムード・アッバス氏が、パレスチナ議長選挙で圧倒的勝利を収めた。公式結果によると、アッバス氏(別名アブ・マゼン)が62.3%の得票率で勝ったという。投票率は66%以上とされている。

次点のムスタファ・バルグーディ氏は敗北を認めたが、これはパレスチナの民主主義の勝利であると述べた。

イスラエルは選挙結果を歓迎し、アッバス氏がパレスチナ過激派を取り締まるよう要請した。

評論家は、アッバス氏がイスラエルとの和平交渉を進めるには、大差での勝利が必要であると述べていた。

アッバス氏はスピーチで、今回の勝利を、パレスチナの指導者故ヤセル・アラファト氏の魂に捧げた。

また、アッバス氏は、選挙をボイコットしたパレスチナ過激派に、イスラエルの占領に対する武力闘争を中止するよう呼びかけた。

ハマスの代表者マフムード・ザハール氏は、BBCに「イスラエルは、新しい議長にチャンスを与えないので、成功しないだろう」と語った。しかし、ハマスは、選挙をボイコットしたにもかかわらず、アッバス氏に協力するという。アッバス氏は、できるだけ早急にイスラエルのアリエル・シャロン首相との会談を望んでいることを表明した。

イスラエル当局は、シャロン首相はパレスチナの新議長との安保対話開催の準備をしているが、本格的な和平交渉には時間がかかると述べている。

イスラエルのエフド・オルマート副首相は、アッバス氏の当選を歓迎し、同氏を「有望な指導者」としながらも、テロと戦うよう要請した。
[和訳は前半部分ですので、詳細はリンク先をたずねて下さい]

2005年1月10日
[PR]
by markzu | 2004-01-01 04:46 | BBC NEWS


<< □■南野法相、差別的表現発言…... □■パリ・ダカ、増岡浩(三菱)... >>