□■サッチャー元首相息子、逮捕から5ヵ月後司法取引に同意、南アフリカ出国許可[BBC]
Thatcher gets fine over coup plot

BBC NEWS トップ記事(Last Updated: Thursday, 13 January, 2005, 09:11 GMT)

サッチャー卿、クーデターの陰謀で罰金

マーク・サッチャー卿が、赤道ギニアにおけるクーデター陰謀への関与について、南アフリカで有罪を認めた。

英国のマーガレット・サッチャー元首相の息子であるサッチャー卿は、300万ランド(26万5,000ポンド)の罰金と、執行猶予4年の判決を受けた。

マーク卿は陰謀の関与を否定しているが、検察の司法取引に同意した。

同卿は、ヘリコプターのチャーターに賛同したことにより、南アフリカの傭兵禁止法に違反したことを認めた。

実業家であるマーク卿は「クーデターに利用されるはずであったとされるヘリコプターの用途については関知しておらず、傷病者輸送機として利用されるものと信じていた」と述べたと報じられている。

法廷の外で、マーク卿は動揺した面持ちで「家族と再会できるなら、どんな金額を払っても高すぎるということはない。ここにいるあなた方も、夫や父親であるならわかってくれるばずだ」と話した。これで、同卿は逮捕から5ヵ月後、初めて南アフリカを出国することができる。

しかし、赤道ギニア当局は、同卿を尋問できるよう圧力をかけ続けるだろう。
[和訳は前半部分ですので、詳細はリンク先をたずねて下さい]

2005年1月13日
[PR]
by markzu | 2004-01-01 05:01 | BBC NEWS


<< □■津波被害で新たに「貧困者2... □■「日本人は少々からかっても... >>