□■イラク、選挙中は国境を閉鎖[BBC]
Iraq to shut borders during polls

BBC NEWS トップ記事(Last Updated: Tuesday, 18 January, 2005, 10:00 GMT)

イラク、選挙中は国境を閉鎖

選挙管理委員会は、1月30日の選挙前後の3日間、陸上の全てのイラク国境を閉鎖すると発表した。

移行国民議会選挙に投票する人々を守るために、夜間外出禁止令やその他の行動規制も延長される。

18日、バグダッドのイスラム教シーア派の主要政党の事務所が自動車爆弾による自爆テロで、2名が死亡し、2名が負傷した。

この襲撃は、キリスト教の聖職者が誘拐されて1時間後に発生している。

バチカンは、モスルのカトリック教会のバシル・ジョルジ・カスムサ大司教の誘拐を非難した。

バチカンのスポークスマンは、今回の誘拐を「テロ行為」と呼び、大司教の即時解放を求めた。

モスムサ大司教は66歳。モスル市内の東部にある自宅に戻る途中、日没直後に銃を持った男たちに阻止され、車のトランクに押し込められて拉致された。動機についてはわかっていない。

大司教は、6年前、モスルのシリアカトリック教会の指導者として任命された。

イラクにおけるキリスト教徒は人口の約3%を占める少数派であるが、最近はキリスト教徒に対する襲撃が増加している。12月にはモスルの2つの教会が爆弾攻撃を受けた。
[和訳は前半部分で最終更新版ではありません。詳細はリンク先をたずねて下さい]

2005年1月18日
[PR]
by markzu | 2004-01-01 05:25 | BBC NEWS


<< □■安藤美姫 ランドセル提供/... □■チリ「津波のうわさ」で1万... >>