□■ブッシュ大統領「世界の圧政と戦う」と宣誓[BBC]
Bush vows to fight world tyranny

BBC NEWS トップ記事(Last Updated: Thursday, 20 January, 2005, 22:17 GMT)

ブッシュ大統領「世界の圧政と戦う」と宣誓

米国大統領として2期目を務めるジョージ・W・ブッシュ大統領が宣誓を行い、圧政を倒すために尽くしている世界中の人々を支えることを誓った。

ブッシュ大統領は「われわれの自由が生き残れるかどうかは、ますます他の国々での自由の成功にかかっている」と演説。

米国内での分裂をまとめるために「誠意を持って努力する」ことを約束した。

BBCのマット・フライ記者によると、アメリカ人の多くは、支持者の一部も含め、ブッシュ大統領の自由という政策課題の経費と成功について、懐疑的であるという。

雪と寒さをものともせず、ブッシュ大統領の政策に抗議する人々も含め、約50万人が4,000万ドル(約40億円)の式典と伝統的なパレードに参加した。

2001年9月11日以来、初めての就任式とあって、ワシントンDC全域で空前の警備態勢が敷かれた。

しかし、抗議グループは演説台の約150m以内に入りこみ「おい、ブッシュ、貧乏人はどこだ? 戦争に送り込んだんだろう?」と大声をあげていた。
[和訳は前半部分で最終更新版でない可能性があります。詳細はリンク先をたずねて下さい]

2005年1月21日
[PR]
by markzu | 2004-01-01 05:36 | BBC NEWS


<< □■佐藤琢磨「スピードは去年証... □■中国・上海で一番飲まれてい... >>