□■佐藤琢磨「スピードは去年証明できた、今年は結果に結びつけたい」(スペイン・バルセロナで)
琢磨フル参戦3季目 開幕からトップ絡むぞ

読売新聞のインタビューの中で「印象に残るレースは」の質問に「ベストレースは米国GP。ただ、レース人生にとって重要だったのは欧州GP 」 と答えています。

本当にその通り、僕も「そう思う」なんていうと琢磨に失礼ですが、同感↓です。

第7戦ヨーロッパGP このレースで僕は次のように思いました。
「どんな時でも誰にでも行ける時はいくぜ」琢磨イズム (04/05/30)

5月8日の第5戦スペインGP予選で3位になったあたりから、琢磨の評価、人気が上がりだし、決定的だったのは5月30日の第7戦ヨーロッパGPでのバリチェッロのインサイドへ果敢に飛び込んだことに対しての評価は絶大で、以来琢磨の行為はすべて好意的に見られています。 (04/09/12)

2005年1月21日
[PR]
by markzu | 2004-01-01 05:37 | F1通信


<< □■スノーボード世界選手権で「... □■ブッシュ大統領「世界の圧政... >>