□■チューブ抜いて患者死亡「女医」に懲役5年求刑…あの女医と同じニオイがする
筋弛緩剤投与で患者死亡、元主治医に懲役5年求刑
検察側は「犯行は非人道的で悪質。終末医療における人命軽視の風潮を助長しかねない」
被告は「回復の見込みが極めて低く、家族に人的・経済的負担になる」などと判断し・・・とほざいているそうですが、これって、あの女医と同じニオイがする。弁護側がどういう最終弁論するのか、そして判決が注目ですね。

2005年2月1日
[PR]
by markzu | 2004-01-01 07:16 | マークズ通信(2005)


<< □■入浴用「日本酒」発売…もっ... □■主審が自分にレッドカードで... >>