□■ライス米国務長官、イランに対する共同戦線を要請[BBC]
Rice urges 'united front' on Iran

BBC NEWS トップ記事(Last Updated: Friday, 4 February, 2005, 17:57 GMT)

ライス米国務長官、イランに対する共同戦線を要請

アメリカのコンドリーザ・ライス国務長官は、イランの核開発計画に反対する米政府と目標を統一するよう欧州に呼びかけた。

同国務長官は、ドイツのゲルハルド・シュレーダー首相との会談後、「テヘランの核開発の野望に対する緊張緩和には、外交上の駆け引きが利用できる。しかし、イランは自らの責任を果たす準備ができていることを証明しなければならない」と語った。

欧州連合は、テヘランと核開発問題について交渉を進めているが、米国はさらに強硬な姿勢を求めている。

国務長官就任後初めての外遊で、ライス国務長官はまずロンドンで、現時点ではイランの武力攻撃は検討課題にあがっていないことを強調した。

しかし、6日放送予定のテレビ番組「Sunday's Breakfast with Frost」のBBCのインタビューでは、ライス国務長官はイランを「テロに対する最大の資金提供国」と厳しく表現した。

イランはパレスチナの「拒絶派グループ」およびヒズボラ活動の重要な支援国で、同国務長官は「中東和平の最大の障壁のひとつ」であるとし、「イランは国際システムを不安定化させる影響を有している」と語った。
[和訳は前半部分で最終更新版でない可能性があります。詳細はリンク先をたずねて下さい]

2005年2月5日
[PR]
by markzu | 2004-01-01 07:52 | BBC NEWS


<< □■[写真]マリア・シャラポワ... □■[F1] 2月4日のニュー... >>