□■レバノン前首相、爆弾で死亡[BBC]
Explosion kills former Lebanon PM

BBC NEWS トップ記事(Last Updated: Monday, 14 February, 2005, 19:31 GMT)

レバノン前首相、爆弾で死亡

14日、レバノンのラフィク・ハリリ前首相が、ベイルート西部で暗殺と見られる爆弾テロにより死亡した。

爆発により、約9人が死亡、100人が負傷したとされるが、自動車爆弾の可能性がある。

爆発は、海岸通りにある放棄されたセント・ジョージホテルのそばで起こり、広範囲の被害をもたらした。

BBC特派員によると、シリア、レバノンの政治的リーダー、野党メンバーの間の緊張が高まりつつあった時期に、今回の事件が起こった。

ハリリ前首相は、昨年10月に首相を辞任し野党に加わったが、今年5月の議会選挙で返り咲きを狙っていた。

ベイルートのキム・ガタスBBC記者によると、大規模な爆発の原因は解明されていないが、「大シリアの勝利と聖戦」と名乗るほとんど無名のグループが犯行声明を出し、自動車爆弾であることを明らかにしたという。

この声明の信憑性は不明。
[和訳は前半部分で最終更新版でない可能性があります。詳細はリンク先をたずねて下さい]

2005年2月15日
[PR]
by markzu | 2004-01-01 09:19 | BBC NEWS


<< □■ほりえもん「迷惑に思うなら... □■「UFO騒動」で発覚「米国... >>