[F1] 2月25日のニュースを読んで
F1Racing.net
ハイドフェルド 交代については心配していない
フランク ウィリアムズは、もしニック ハイドフェルドが良いパフォーマンスを見せることができなければ、そのときはアントニオ ピッツォニアを代役として起用すると述べた。
レッドブルだけじゃないんだ。レース以外のプレッシャーとも戦うって大変。1年間自由に走って来い!とはいかないのかなぁ。毎回テスト・・・究極です。

ピッチフォース F1パドック復帰の噂
F1に一度関わると中毒になるようで、また一人中毒患者が戻ってくるようです。元ジャガーレーシングのマネージングディレクター、今度はウィリアムズチームのチーフオペレーションエンジニアにもぐり込みそう。

B・A・R ホンダ 新しいシーズンへ向けた準備を完了
さぁ、あとは本番。今更テストがどうだこうだと言っても始まらない。頑張ってほしい。頑張れ、琢磨!!

BMWウィリアムズ プレシーズンテストを完了
ウィリアムズも終了。ここは二人とも新しいドライバー。どんなパフォーマンス見せるか楽しみです。

B・A・R ホンダ ENEOSとのパートナーシップを発表
新日本石油、ガソリンじゃなくエンジンとギアボックスの潤滑油を供給するそうです。

ジョーダン ドーンボスとのサードドライバー契約にサイン
正式な発表はモスクワでのチーム体制発表の席だそうです。

ジョーダングランプリ ロシアに到着
ロシアですよ、ロシアのモスクワ。ついにハンガリーを越えました。ロシア資本が英国のサッカーチームを買収するのは理解できるのですが。。。絶対にレースが先だと思ったのだが、ロシア資本のチームが今年から走ります。

フェラーリ ニューマシンF2005を発表
ミハエル・シューマッハ、ネクタイ背広(ブレザー)です。ちょっと違う雰囲気です。バリチェロの方が中間管理職のおじさんみたいで違和感なし。

アルバースコラム: “遂に実現する”
ボクはそのために長い間戦ってきたし、それが3月6日に実現するんだ。もちろん、ミナルディは最速のチームではないけれど、レースでは何が起こるか分からない。
才能、資金、出会い、運、・・・すべてがそろってもなれないのがF1ドライバー。どこのチームであろうと世界でたった20人しかなれない職に就いたことは本当に素晴らしい。頑張ってほしい。

F1-Live.com
開幕直前 ブリヂストン浜島裕英氏独占インタビュー パート2
かなり前にパート1ありましたが、今度も続きは携帯サイトで、だそうです。そして忘れたころにパート3かな。独占インタビューだけが「売り」の記事。

Response
【トヨタF1】服部専務、表彰台獲得を宣言
昨年はもっと大風呂敷を広げていたが。記事は面白いです。昨年は真面目にイケルと思っていたみたいで、それが初戦でまったく良いとこなしの惨敗・・・。チームの士気を高めるための発言と思っていたが本気だったとは、驚きです。でも「イケル」が初戦で崩れたというのはもっと驚き。ただし今年はやるだろう、いややってほしい。いくらお金使ってんだよ、カッコ悪すぎ。

【トヨタF1】ラルフ、TF105は素性がいい
ラルフは6勝しているんだ。お兄ちゃんの影に隠れて、かわいそうといえばかわいそうだが、お兄ちゃんのおかげで強いチームに行けた感じだし、そこは何とも言えない。ただトヨタで勝利挙げると脱お兄ちゃんできると思う。

2005年2月26日
[PR]
by markzu | 2004-01-01 10:07 | F1通信


<< [F1] 2月26日のニュース... [F1] 2月24日のニュース... >>