[F1] 2月27日のニュースを読んで
F1Racing.net
ウィリアムズ ラルフとモントーヤを維持する余裕がなかった
ジョーダンやミナルディならいざ知らず、天下のウィリアムズで運営資金不足で有力ドライバーを手放すって信じたくないが事実なのだろう。もしかしたらハイドフェルド持ち込みか?

タイヤメーカーではなく、チームとドライバーの責任
本音だと思うが、ミシュランの現場責任者がシーズン始まる前に責任逃れと取れる発言はちょっとどうかな。なんか今年もフランスの「タイヤ」ダメかも知れない。

A1リンク 行政による再建が決定
やっと環境団体の反対収まったようです。

BMWウィリアムズF1チーム オーストラリアGPプレヴュー
B・A・R ホンダ オーストラリアGPプレヴュー
ドライバー、チーム首脳たちがそれぞれ意気込みを語っています。

ミシュラン オーストラリアGPプレヴュー
我々は答えのない疑問を持ちながら、メルボルンでのシーズン開幕レースへ向けて準備を進めてきた。新しいタイヤレギュレーションがどれだけ消耗や安定性に影響を及ぼすのだろうか?日曜日の午後にチェッカーフラッグが振られてから話すことにしようではないか!(ピエール・デュパスキエ)
1レースやってみないとわからない、これはその通りだと思う。それだけに今回の開幕戦は注目、楽しみです。

ウェーバー シドニーハーバーブリッジをF1マシンで疾走
由緒ある橋でデモ走行したらしいが、写真見る限り、つまんない。昨年のロンドンのように大観衆(約50万人)の中を走る方がアピールできたのでは? 2時間も通行止めにしてこの写真はさびしい。

フェラーリ F2005を場合によってはバーレーンから投入も
2戦早まるかもしれないそうです。ただしすべてはF2004Mの成績しだいらしい。今年ほどレース始まってみないとわからない年はない。

FIA オーストラリアGPプレスカンファレンススケジュール
土曜日に予選トップ3ドライバー記者会見がおこなわれる。でも暫定だから、ドライバーも記者もそしてファンもちょっとさめていると思うな。日曜日予選終わってからやったほうが絶対にベスト、ドライバーの笑顔が違うだろう。シーズン中に変わる可能性大かな、希望も込めて。

F1-Live.com
ストッダートはウェバーの勝利を予言 BMWウィリアムズなら勝てる?
マーク・ウェバーは3年F1に居て最高5位。念願のビックチーム入りで一気に開花できるか注目。

ジル・ビルヌーブの生涯を描く映画 2006年から製作開始予定
思うにこの人はF1界のジェームズ・ディーンかも知れない。またジャック・ビルヌーブも出演するそうです。

ロス・ブラウン、F2005に自信 ルール改正とシーズンを語る
2005年は近年でもっとも面白く、チャレンジングなシーズンになると考えている。特にシーズンスタートは明暗分かれる結果となるに違いない。タイヤの使用制限もレースに興奮をもたらすだろう
みんな同じこと言っている。4戦くらいまでは本当にドタバタあると思うな、なんかワクワクする。

ジョーダン・マシンが赤の広場に登場 ロシアでF1をアピール
「マイナス10度という極寒の中」だって・・・スゴイ!

マーク・スミスがレッドブルに加入 副テクニカルディレクターに就任
資金のあるチームはどんどん人材を集めている。

2005年2月28日
[PR]
by markzu | 2004-01-01 10:09 | F1通信


<< [F1] 2月28日のニュース... [F1] 2月26日のニュース... >>