[F1] 2月28日のニュースを読んで
F1Racing.net
ヴィルヌーヴ C24は力強い
ライバルたちに対してどの位置にいるのか予想するのはまだ早すぎる(ヴィルヌーヴ)
ミミタコだが、今年は本当にどのチーム首脳やドライバーも同じ思いだと思う。

ラルフ ミハエルは開幕戦に勝てない
さぁ、どうなるか?

カーティケヤン ヘルメットのデザインは変えない
インド政府からダメと言われるまで使うそうです。

ラルフ 富士スピードウェイでのグランプリ開催を支持
当たり前じゃん! トヨタのドライバーとして他にどう言えというんだぁ。

BMW ウィリアムズと決裂してザウバー買収か?
なるほど、まぁ正式に発表されるまで待ちましょう。でもそうなったら、チーム間の力関係逆転したりして。今度はウィリアムズがBMWエンジンをレンタルかな。。。

モントーヤ ボクが最速というわけではない
誤訳かと思って英語版に行ってみたが、間違いなかった。どうしたんだろ、この弱気な発言。らしくない。ライコネンそんなに速いのか?

タイヤルールを巡る両陣営の思惑
どう攻めるのか的な記事と思ったが違った、読んで損した。

ホットなメルボルン 今週末は曇りの予報
雨はないらしいですよ。

バリチェロが“合計タイム予選”について懸念していること
グランドスタンドにいる人々にとっては、タイムの足し算をすることは難しいよ
その通りだが、まったく問題ないと思う。別に足し算しなくても、順位がわかればいいのだから。

マッサとヴィルヌーヴが“友だち”になることはない
二人のわかりきった関係よりも、ペーター・ザウバーのもう一つの発言↓の方が興味深い。
ザウバーはマクラーレンとルノーがフェラーリのF1支配を止めるという考えに反論している。
「結局、我々はフェラーリがかなり前方にいる現実を見るだろう」


F1-Live.com
富士スピードウェイがリニューアル 2007年のF1開催へ意欲
1994年、1年だけ日本でダブル開催された時の英田サーキット(現在は国際岡山サーキット)のようにバーニー・エクレストンが「ダマサレタァ!」とは絶対にならないはず。間違いなく素晴らしいサーキットになっていると思う。

日本GP(鈴鹿)とアジアGP(富士)の開催が実現できたら最高でしょうね。また僕が2001年10月、英田サーキットを訪ねた時は問題の道路も立派に出来ていたが、後の祭りだよね。

ラルフのトークショーが東京で開催 高橋敬三氏も登場
こんなに忙しくて、ラルフ大丈夫かな。

フェラーリF2005デザイナーたちの会見 新車開発ストーリー
なんかいっぱい書いています。また読んでいて、あ!そうかと思ったのは「今年のピットストップ作業は給油のみとなり、タイヤ交換は行われない」そうなるんだよね。

Response
【ホンダF1】優勝こそ今年の目標。まずはメルボルンから
一度も優勝がなく、チームが2位はライバルチームたちが勝手にコケての順位だと思う。今年だね、このチームが真に強いチームかどうかわかるのは。頑張ってほしい。

【ホンダF1】レギュレーション変更はコスト削減にならない
「すべてのテクニカル・レギュレーション変更はシャシー、エンジンの再設計になり、コストが増える<中略>将来は、もっと安定したレギュレーションが欲しい」(ジェフ・ウィルス)
ですよね、ミナルディなんかついてこれないじゃん、かわいそうに。

【富士スピードウェイ 落成】シューマッハが走った!! 感想は?
1996年エフポン・チャンプのラルフ、彼の落成披露式でのデモ走行は適役ですよね。
また彼にはトヨタのためにも頑張ってほしい。頑張れ、ラルフ!

2005年3月1日
[PR]
by markzu | 2004-01-01 10:10 | F1通信


<< ヴィルヌーヴ ライコネンは“ア... [F1] 2月27日のニュース... >>