ヴィルヌーヴ ライコネンは“アイスマン”ではない
ヴィルヌーヴ ライコネンは“アイスマン”ではない

スポンサーなどによってドライバーの自己主張が認められなくなっているといっているが、当たり前です。チームから信じられないお金をもらっているドライバーも、スポンサー持ち込みドライバーもすべてチームの方針やスポンサーのために動く広告塔として走っているわけで、大金払って問題起されたら、企業イメージが台無し。そんな問題あるドライバーに大金出すわけがない。企業側に立てば至極当然だと思う。

F1Racing.net 2005年03月01日
[PR]
by markzu | 2004-01-01 10:11 | F1通信


<< フェラーリのオイルトリック [F1] 2月28日のニュース... >>