フェラーリ 第1戦を終えて、旧車不安から開放されたようです。
トッド F2005の投入を慌てない:F1Racing.jp

昨年型の改良マシンが見事な走りをして、「ジックリ」開発するようです。あの走りを見たら、当たり前といえば当たり前ですが、不安から余裕に変わった感じ。ジャン・トッド、今回のレースはミハエルのリタイアはあったとしても満足なレースだったと思う。

2005年3月9日
[PR]
by markzu | 2004-01-01 10:52 | F1通信


<< 琢磨とミハエル、対照的な初戦後の感想 BARのリタイヤ作戦に他チーム... >>