バトン、まったく懲りていません!
BARホンダはバトンを許したのか?:F1Racing.jp
ドライバーのキャリアは長くない。だから、正しい選択を行なわなければならない。2位では十分じゃないんだ
もぉ、いいよ! こんなフラチな輩には何も言いたくない。その代わりといっては大変失礼ですが、元F1チャンピオンで2輪でも世界チャンピオンのジョン・サーティーズ氏の今年1月の御発言を読んでほしい。「バトン降格させるべきだった」(motorsports.nifty.com)

2005年3月10日
[PR]
by markzu | 2004-01-01 10:55 | F1通信


<< ルノー、マレーシアは訪れてみな... ジャン・トッド「シューマッハの... >>