エディ・ジョーダン ミハエルを起用したくなかった
ベルトラン・ガショーがタクシードライバーとトラブって催涙ガスを使用して実刑判決を受け、刑務所送り。それを受けてジョーダンが採用したのはミハエル・シューマッハ。

ミハエルはメルセデスからの資金援助と当時最低だったドイツでのF1人気を復活させるため、バーニー・エクレストンがプッシュ(ベネトンの時だけかも)したという過去の噂が、あまりにもそのままなので驚いた。エディが乗せたかったのはF1経験豊富なステファン・ヨハンソンだったと今回語ったがこれも当時記事になっていた。

ただ、結果的にミハエルをデビューさせたことには変わりないが、前回のハインツ・ハラルド・フレンツェン解雇の件は最高に男を感じたのに、わざわざ自分から噂、それもよくない噂通りのコメントはまずいよね。イングランド人はこれ聞いて大喜びだと思う。「やっぱり金だよ、アイリッシュは」

またバーニー・エクレストンはミハエルをベネトン移籍させるためにも努力? これについてもエディは話している。英国のITVテレビのHPにも今月初めに載っていた。

みんなが知っていても誰も言わないがF1の掟なのに、エディはどうしたんだろう。さびしくてインタビューされると何でも話してしまうのかなぁ。

それにしてもベルトラン・ガショーのこの記事は本当に運命ってあるのかも知れないと思ってしまう。

エディ ジョーダン ミハエルを起用したくなかった :F1Racing.jp

2005年3月15日
[PR]
by markzu | 2004-01-01 11:17 | F1通信


<< インド洋沖津波災害の支援チャリ... BARホンダ マレーシアへ向け... >>