F1第3戦バーレーンGP フリー走行2回目 ブルツがトップ!ミハエル5位
アレクサンダー・ブルツがトップです。そしてマクラーレンはペドロ・デ・ラ・ロサが4位で控え組の二人頑張っています。特にブルツは速い。2000年のベネトン以来だよね、たしか。たまっていたもの一気に出した感じです。タイムがスゴイよ。彼は典型的な伸び悩みドライバーでベネトンで3年間チームメイトだったジャンカルロ・フィジケラに1年目は圧倒的に成績が上回っていたのですが、2年3年目とどんどん成績が落ち、逆にフィジケラは毎年成績を上げて、この差がその後の二人のドライバー歴をまったく違うものにしてしまったわけで。今回は期するものがあったのでしょう。この速さはアピールできたと思う。

金曜サードドライバーを除くと1位アロソン(ルノー)、2位デ・ラ・ロサ(マクラーレン)、3位ミハエルとフェラーリやはりきましたね。そしてトゥルーリが4位、トヨタも頑張っています。ただバリチェロは一度もコースインしていません。

佐藤琢磨は20分過ぎから公式サイトのLive Timingで9周目のS2でStopの文字が出たまま終了かと思われたが、最後に3周走って12位。バトンは9位。ちょっとまだBARはわからない、どうなんだろう。

ベネトンでの1998年から2000年の成績(ドライバーズランキング)
アレクサンダー・ブルツ  7位13位15位
ジャンカルロ・フィジケラ 14位9位6位

Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Laps
1 A・ブルツ マクラーレン 1:30.695 20
2 F・アロンソ ルノー 1:31.969 24
3 V・リウッツィ レッドブル 1:32.319 30
4 P・デ・ラ・ロサ マクラーレン 1:32.333 13
5 M・シューマッハ フェラーリ 1:32.431 16
6 J・トゥルーリ トヨタ 1:32.595 22
7 G・フィジケラ ルノー 1:32.708 24
8 K・ライコネン マクラーレン 1:32.988 18
9 J・バトン BAR 1:33.037 23
10 R・シューマッハ トヨタ 1:33.077 19
11 N・ハイドフェルド ウィリアムズ 1:33.152 20
12 佐藤 琢磨 BAR 1:33.205 13
13 C・クリエン レッドブル 1:33.436 25
14 R・ゾンタ トヨタ 1:33.443 11
15 M・ウェーバー ウィリアムズ 1:33.563 16
16 D・クルサード レッドブル 1:33.708 21
17 F・マッサ ザウバー 1:33.726 18
18 N・カーティケヤン ジョーダン 1:33.981 16
19 R・ドーンボス ジョーダン 1:34.222 26
20 J・ヴィルヌーヴ ザウバー 1:34.300 19
21 T・モンテイロ ジョーダン 1:34.727 18
22 P・フレサッハー ミナルディ 1:35.325 21
23 C・アルバース ミナルディ 1:36.094 22
24 R・バリチェロ フェラーリ no time 0

2005年4月1日
[PR]
by markzu | 2004-04-01 21:49 | F1通信


<< おすすめブログ F1第3戦バーレーンGP フリ... >>