F1第4戦サンマリノGPレース結果 佐藤琢磨5位アロンソ3連勝ルノー4連勝
フェルナンド・アロンソの3連勝、ルノーの4連勝。もちろん素晴らしいのですが、今日の主役は13番からスタートしてトップとタイム差0.215秒で2位のミハエル・シューマッハでしょう、間違いない。

今朝の予選は燃料しっかり積んでいたのですね。それでも昨日の予選3位をキープしようと無理をしてコースアウトかなぁ。レースでは1回目のピットストップが最後の最後。これがズバリで、各チームがピット入りしだしたら、ファステストラップ連発、ミハエルがピットを出てきたらあっと驚く3位って、素晴らしすぎる!!

もう勢いは止まらない感じで20秒以上の差があった2位ジェンソン・バトンに追いつき、きれいにオーバーテイク。そしてミハエルが2回目のピットを出てきたら、なぜか一人旅をしていたアロンソのすぐ後ろにいるって、ミラクル!! 結局、アロンソを抜くことは出来なかったが、これはもうミハエル、フェラーリ、そして最少のバトルで上位に上がる作戦?も、すべて完全復活でしょう。またブリヂストンタイヤもまったく問題なく最後まで「タイヤ」していました。

BARも昨年並みになったってことかな、つまりフェラーリにはまったく「かなわない」ってこと。それに今年はルノーにもちょっと「かなわない」感じ。
佐藤琢磨がマーク・ウェバーをオーバーテイク時はこちらのアナが絶叫していました。その前のウェーバーとやりあっていた時も大きな声上げていて、今年も琢磨は「絵」になるイメージなのでしょう。ホンダさん、琢磨に今以上の「速くて丈夫な車」、お願いします。

ジャック・ビルヌーヴが最後までしっかり攻めていた。これでクビは繋がったかも。

余談
こちらのテレビではスタート15分前くらいから、マーチン・ブランドルがスタート前のドライバーにインタビューやレポートをしています。はじめの2,3分はスターティンググリッドの一番前でちょっとした情報を本人が話すのですが、今日はその途中でバーニー・エクレストンがブランドルのからだを無理やりターンさせて、「この方もインタビューしてよ」と紹介したのがスキンヘッドのロベルト・カルロス。本番中ですよ。いつものことですが、バーニーって本当に軽いフットワークの権力者です。ロベルト・カルロス、きれいな金髪の女性と一緒でした。あれは恋人ですか、奥さんですか、僕あまり詳しくないのでわかりませんが、きれいな女性でした。

F1第4戦サンマリノGPレース結果
a0000883_02542.jpg1 F・アロンソ ルノー
2 M・シューマッハ フェラーリ
3 J・バトン BAR
4 A・ブルツ マクラーレン
5 佐藤 琢磨 BAR
6 J・ヴィルヌーヴ ザウバー
7 J・トゥルーリ トヨタ
8 N・ハイドフェルド ウィリアムズ
9 M・ウェーバー ウィリアムズ
10 V・リウッツィ レッドブル
11 R・シューマッハ トヨタ
12 F・マッサ ザウバー
13 D・クルサード レッドブル
14 N・カーティケヤン ジョーダン
15 T・モンテイロ ジョーダン

写真は2005年4月22日撮影
[PR]
by markzu | 2005-04-25 00:14 | F1予選/決勝(2005)


<< 夕方のチェスター 愛し合うふたり F1第4戦サンマリノGP予選結... >>