F1第14戦トルコGP予選結果 佐藤琢磨14位PPはライコネン
土曜のフリー走行は英国時間早朝7時からで、リアルタイムに確認できず、予選が始まる11時にはなんとか起床。BARの2台がフリー走行で調子がよいのを知り(琢磨5位6位でバトンは2回とも2位)、期待したが、、、。

ジャック・ヴィルヌーヴは「ターン8はF1で最も難しいコーナー」と言っていたコーナーでヴィルヌーヴみずからコースオーバー、そしてスピンストップ。

・・・ほんとに難しそうだと思っていたら、佐藤琢磨もそのターン8のコーナーで「致命的ミス」のコースオーバーでタイムロス。そしてチームメイト、ジェンソン・バトンも同じコーナーで後輪が何度も振られてコースを外れたが、琢磨より速いタイムでフィニッシュ。またミハエル・シューマッハはターン9でスピン、そしてコースアウトストップ。

これはやはり、事前にミハエルが発言していたようにかなり難しいサーキットのようです。

それより僕がガッカリしたのは琢磨の予選アタック後のクールダウン走行時に、マーク・ウェバーの予選走行妨害をしたこと。あれは完全にチームの連絡ミスだと思う。琢磨自身も予選中にITV(英国テレビ)のインタビューで「ウェバーがすぐうしろにいることをチームが教えてくれなかった」と答えていた。が、スチュワードが調査中とのこと。なんとも残念な事態が起こってしまった。

いろいろあるが、どんなことがあっても明日のレースでは結果を出してほしい。頑張れ、琢磨!!

+追記
・佐藤琢磨、予選タイム取り消し (F1通信
・ウェバー、琢磨のミスに激怒、しかし・・・ (F1通信

F1第14戦トルコGP予選結果a0000883_218593.jpg
1 K・ライコネン マクラーレン 1:26.797
2 G・フィジケラ ルノー 1:27.039
3 F・アロンソ ルノー 1:27.050
4 J・P・モントーヤ マクラーレン 1:27.352
5 J・トゥルーリ トヨタ 1:27.501
6 N・ハイドフェルド ウィリアムズ 1:27.929
7 M・ウェーバー ウィリアムズ 1:27.944
8 F・マッサ ザウバー 1:28.419
9 R・シューマッハ トヨタ 1:28.594
10 C・クリエン レッドブル 1:28.963
11 R・バリチェロ フェラーリ 1:29.369
12 D・クルサード レッドブル 1:29.764
13 J・バトン BAR 1:30.063
14 佐藤 琢磨 BAR 1:30.175
15 T・モンテイロ ジョーダン 1:30.710
16 C・アルバース ミナルディ 1:32.186
17 R・ドーンボス ミナルディ タイムなし
18 J・ヴィルヌーヴ ザウバー タイムなし
19 N・カーティケヤン ジョーダン タイムなし
20 M・シューマッハ フェラーリ タイムなし

写真はフィンランド(トゥルク) 2005年8月14日撮影
[PR]
by markzu | 2005-08-20 21:18 | F1予選/決勝(2005)


<< F1第14戦トルコGP決勝結果... フィンランド日記(2005年8... >>