スペインGP金曜日フリー走行(A.デビッドソン とR.ゾンタ)
a0000883_224632.jpg2004年5月7日(金)

今年から金曜日のフリー走行は昨年度コンストラクターズ・ランキングベスト4以外のチームは3台走行可能。
金曜日のフリー走行1回目は第三のドライバーに20周以上ガンガン走らせてデータ取り、レギュラードライバーは10周以下でコースと車を確認的走行。ですから1回目は第三のドライバーがチーム内でタイム上位に位置することが多いですよね。
2回目はレギュラードライバーも20周前後走行。そうするとチーム内順位は逆転する、というパターンが今年の金曜日予選。

そこで大活躍しているのがA.デビッドソン (BAR)とR.ゾンタ(トヨタ)、まったくレギュラードライバーと遜色ない速さを毎回見せつけていますよね。これってレース直前のデータとしては最高だと思います。レギュラードライバーは今年から1台のエンジンで戦わなければならないのに、第三のドライバーは金曜日だけですから、もうどれだけエンジンをまわしても、周回かさねてもいいわけで、チームとしてはいろいろ試せるわけで、そしてなおかつドライバーが速いってことは、より実戦的なデータ取りが出来るんじゃないかな。つまりこの新しいレギュレーションをしっかり活用しているのはBARとトヨタですよね、でもトヨタは車が基本的に良くないのかデータを生かしきれていない感じですが。
また3台走行をしていないザウバーがG.フィジケーラ、F.マッサという誰もが認める速いドライバーを持ってしても今年まだ入賞が1回(8位) なのは、今年の予選方式をしっかり活用していないのも低迷の原因かもね!?   =写真は2001年2月撮影 イングランド・シュルーズベリー=

ちなみに今日も今までと同じような走行をBAR,トヨタ共にしていました。
金曜日フリー走行1回目(バルセロナ・サーキット)
・3位(23lap)A.デビッドソン(B.A.R)
・4位(21lap)R.ゾンタ(トヨタ)
・5位( 6lap)J.バトン(B.A.R)
・8位( 5lap)佐藤 琢磨(B.A.R)
・9位( 6lap)O.パニス(トヨタ)
14位( 8lap)C.ダ・マッタ(トヨタ)

金曜日フリー走行2回目
・1位(19lap)J.バトン(B.A.R)
・2位(34lap)A.デビッドソン(B.A.R)
・3位(37lap)R.ゾンタ(トヨタ)
10位(24lap)C.ダ・マッタ(トヨタ)
11位(23lap)O.パニス(トヨタ)
18位( 4lap)佐藤 琢磨(B.A.R)
琢磨4周ってトラブルかな、まだ情報入って来ていませんが、絶好調のチームで琢磨ひとり取り残される感じが・・・頑張ってほしいな、頑張れ!琢磨!!
[PR]
by markzu | 2004-05-07 22:47 | F1 (2004)


<< スペインGPフリー走行 佐藤琢... PageView >>