テレビゲーム
a0000883_723247.jpg
2004年2月22日(日)3  先週と同じく、今週も晴れから始まりです。

F1ドライバーがテレビゲームでコース覚えるのって、今や常識なんですね。

ベストカー2004/2/10号(三推社/講談社)の111ページにF1レポーターでお馴染みの川井一仁氏が「J・ビルヌーヴがデビューした頃テレビゲームでコースを覚えたというのが新しいタイプのドライバーを象徴するエピソードとして紹介されたけど今じゃ本当に多くのドライバーがテレビゲームをやっている。・・・・・テストの時など、ピットにゲーム機を持ち込んで、レコードラインやブレーキングポイントを確認しているんだけど、またみんなゲームもうまいよ・・・・・」と書いています。ただし、「M・シューマッハがものすごくゲームがヘタなのに、実際の運転は速いんだから、やっぱりたいしたもの・・・・・」ちょっと安心しましたが、でも確実に時代は変わったってことなんでしょうね。ところで琢磨はどうなんだ?
[PR]
by markzu | 2004-02-23 07:18 | F1 (2004)


<< いつまでも 河口散歩 >>