野口みずき優勝 五輪女子マラソン 8月22日

野口みずき選手 優勝、おめでとう。また、日本女子マラソン、五輪2連覇、素晴らしい。

野口選手は本当に強かった。激しい起伏コースと暑さを感じさせない走りはスゴイ。ポーラ・ラドクリフのリタイアや3位に入ったアメリカ選手(ディーナ・カスター)の涙のゴールシーンを見ていると、過酷なレースだったと思うのですが、野口選手はトラックに入ってからガッツポーズで声援にこたえて、笑顔のゴール。僕がテレビで「後ろが来ているぞ!」と、ハラハラしながら観戦していたのがまったく徒労だったようなシーンを見て思ったのは、彼女には前世界記録保持者キャサリン・ヌデレバ(ケニア)選手の追い上げを逃げ切ったという感覚はないのではないかな。

野口みずき 優勝

土佐礼子は5位、坂本直子は7位と日本選手は全員が入賞。

マラソンは英国では午後4時スタートだったのですか、もう午前中から女子マラソン世界記録保持者ポーラ・ラドクリフ(英国)のインタビューと負け続けたトラック時代から栄光のマラソンシーン映像を何度も何度も放送して、それまで淡々と五輪放送(BBC)してきたのがウソのような力の入れようでした。スタート30分くらい前からは、スタート地点からのライブで、温度や湿度などのコース情報。またスタート直前にはサイモン&ガーファンクルの サウンド・オブ・サイレンスをバック曲にラドクリフのスロー走行シーンの映像、これはセンスよかったです。スタートしてからも画面左上にラドクリフのインタビューが何度も放送され、今日一連の応援放送は、日本のテレビ放送を見ているみたいで、応援放送ってどこも同じような構成になるのかなと思いました。そのラドクリフが36kmで泣きながらストップした時、日本選手応援一辺倒だった僕が、なぜか悲しくなり、心打たれました。
[PR]
by markzu | 2004-08-23 02:41 | アテネ五輪TV観戦


<< 泣きまくる、ラドクリフ 8月25日 競馬場の淑女たち >>