ポーラ・ラドクリフまた途中棄権、五輪陸上女子1万 8月27日
22日の女子マラソンで涙の棄権をしたポーラ・ラドクリフ(英国)、今夜行われた陸上競技 女子10000mに出場。今回も4000mまでは先頭集団にいたのですが、スピードが落ちだし、第2集団に抜かれた時点で、ストップ、途中棄権しました。

レースは、中国選手とエチオピア選手(3人)の争いとなり最後のコーナーを回って、中国選手(邢慧娜)がトップのエチオピア選手を抜き去り、優勝しました。

今日の午前中に彼女の出場が確定してからは、BBC(国営放送)がマラソンの時と一緒で何度も何度もポーラ・ラドクリフが今夜7時50分に走りますと伝えていました。お昼の番組では午後からの五輪放送予定表を黒バックに白文字箇条書きで放送していたのですが、「7時50分ポーラ・ラドクリフ」、放送時間と競技名だけの表に、黄色太字の彼女の名前ですからね、驚きました。また今回のマラソンでのリタイヤ場面から、ユニオンジャックを背負ってビクトリーランしている彼女の映像での番組CM(30秒位)が流れているのを見て、あんなに落ち込んでいた彼女をここまで期待して、大丈夫か?これって逆に彼女がかわいそうだよと思ってしまいました。

女子10000mの競技終了後、汗だくのラドクリフがテレビのインタビューに出演。ちょっとなみだ目になっていましたが、今回はしっかり受け答えしていました。だだマラソンから体調(脚)が回復していなかったという彼女の発言は、どうかなと思いますが、今夜走ったことを僕は評価したいです。
テレビインタビューの内容
ウェブページ翻訳で読んでもかなりニュアンスはつかめます。上のアドレスを入れてみてください、新しい日本語に出会えます。
[PR]
by markzu | 2004-08-28 06:18 | アテネ五輪TV観戦


<< F1第14戦ベルギーGP 予選... 各国の五輪報道 日本の活躍は医... >>