カテゴリ:F1 (2004)( 69 )
佐藤琢磨のサンマリノGP公式予選 
a0000883_145616.jpg2004年4月25日(日)

昨日は落ち込んでしまいました。
琢磨があまりにもお粗末なので、どうしてかな。
琢磨のF3最後の1年をスカパーで見ていたのですが、F3マシンってそんなにチーム差ないじゃないですか、だから攻めて蹴散らして、また攻めてって感じのドライバーがリザルト上位に来るのですが、琢磨は本当に思い切った攻め方をするなーとすごいなと思っていたのですが、どうもF1では攻めすぎていますよね。
木曜のM・シューマッハと琢磨のインタビューでもそのこと聞かれていましたよね。せっかくいいマシンなんだから攻めるのは否定しませんが、ちょっと方向性を変えてほしいですよね。

木曜日記者会見(抜粋)
記者::最初の2レース、あなたは過度なドライビングをしたと言われていましたが、それはもう解決されたことでしょうか?
琢磨::それは難しい質問だね。ドライバーというのはいつでもできる限界で走ろうとするものだし、今年のルールでは予選前にわずかな周回しか許されない。だからそれで予選でパーフェクトな走りというのは難しいことだよね。(motorsports@nifty )

写真は2004年4月22日撮影
[PR]
by markzu | 2004-04-25 14:49 | F1 (2004)
バトンがポール!!! サンマリノGP公式予選
a0000883_223744.jpg
2004年4月24日(土)
バトンがポールポジション、本物だねBARホンダ。
テレビは大騒ぎ、バトンの母国英国だからね。
デビッド・リチャーズBARホンダ代表がトップ3定例記者会見前の開き時間にインタビューを受け、記者会見の後はバトンのながーいインタビューだと思っていたら、バトンの彼女のインタビュー。じゃその後はお父様かなと見ていたら、「バトンがポールです、それでは」で終わってしまった。バトンのインタビューは録画で明日レース前にたっぷり流すんだろうね、ちなみに琢磨は1秒16遅れの7位、ガッカリ!チームメイトと1秒違うってマズイよ。

F1第4戦サンマリノGP 予選結果
 1位 J.バトン  B.A.R Honda M
 2位 M.シューマッハ  Ferrari B
 3位 J.モントーヤ  Williams BMW M
 4位 R.バリチェッロ  Ferrari B
 5位 R.シューマッハ  Williams BMW M
 6位 F.アロンソ  Renault M
 7位 佐藤 琢磨  B.A.R Honda M
 8位 M.ウェバー  Jaguar Corworth M

写真は2004年4月11日撮影 熊本県「阿蘇ファームヴィレッジ(330棟のコテージ)」
[PR]
by markzu | 2004-04-24 22:38 | F1 (2004)
サンマリノGP フリー走行初日 BAR 1、2、6位
a0000883_6554839.jpg
2004月4月23日(金)
サンマリノGP フリー走行初日(2回目)BARホンダ1、2、6位
なんかもう当たり前の結果みたいで、喜びよりも相変らず琢磨がバトンに負けている、頑張れよ!って方が気持ち的に大きい。(1位バトン 2位琢磨 6位デビッドソン)
でも今までの日本人ドライバーに、こんな事考えていたかなと思うと凄いよね、琢磨は。

写真は2004年4月18日撮影 マンチェスター空港
[PR]
by markzu | 2004-04-23 22:04 | F1 (2004)
佐藤琢磨5位/F1第3戦バーレーンGP レース結果
2004年4月4日(日)

 昨日のブログ(4月3日3)に「明日は結果は二の次で思いっきり攻めてほしい。ドライバー、メディア、チーム関係者そして全世界のF1ファンにF3時代の攻めの琢磨、イケイケ琢磨のドライビングをアピールしてほしい、あの時代の琢磨の走りの復活を期待したい。輝け、琢磨!!!」と書きましたが、十二分にアピールは出来たと思います。

 スタートを決め順位を4位に上げ、エゴむき出しドライブで何かと問題を起こすラルフとのバトルでは一歩も引かず、逆に彼を砂漠に蹴散らし「攻めの琢磨復活」と喜んでいたら、チームメイト・バトンの追い上げプレッシャーにコースアウトでフロントウイングを破損、カッコ悪すぎ、結局「自滅」じゃないかオイオイしっかりしてよと思っていたら、今度はクルサードをチカラワザで一気に追い越し、テレビは「今日のサトウはすごい!ラルフ、クルサードに競り勝った。すごいじゃないかウィリアムズ、マクラーレンに勝った、サトウそしてBARやるじゃないか」 よかったこれでさっきのカッコ悪さは帳消し、そして最後はコーナーマシン・ルノーのアロンソが各コーナーで琢磨に襲いかかったが、全く問題なく押さえ込んで5位でゴール。

 「予選の順位を守った、素晴らしい」と言いたいのですが、今回もテレビの主役は2レース連続3位のチームメイト・バトン。惜しかったな、バトンのプレッシャーに勝っていたら初の表彰台も夢ではなかったに、残念。そして今入ってきた情報によると琢磨の5位完走は暫定との事、ラルフとの接触について審議中なんだろうね。
 ただしテレビの準主役は琢磨、トップ3の定例記者会見の後はピット前から琢磨のインタビューだったからね、それもかなり長く、後に笑顔のデビッド・リチャーズ代表を従えて。

 今回のバーレーンGP での琢磨は、予選では速さを、レースでもビックネームにも一歩も引かない琢磨をアピールできたと思います。ただチームメイトのプレシャーに負けたために表彰台を逃したと思うと、5位でも手放しで喜べない、次回は予選でも、本戦でもチームメイト・バトンに勝ってほしい。
頑張れ!琢磨!!
a0000883_20424896.jpg
[追記]
琢磨ではなく、ラルフが警告を受けました。 
 やったね、これで危険なドライバーと言われない上に、「ビックネームにも一歩も引かない琢磨」像がしっかり出来上がったと思います、逆に「ラルフはうわさ通りのやつ」って事でしょ、琢磨にとっては最高の結果が出ました。ビデオでしっかり検証したオフィシャルありがとうって感じです。

☆記事そのまま☆
ラルフ、佐藤琢磨との事故で警告受ける
  4日(日)行われたバーレーンGP決勝レース中、B.A.Rチームの佐藤琢磨をオーバーテイクした際に接触事故を起こしたウィリアムズ・チームのラルフ・シューマッハに対し、スチュワードは警告処分を与えた。
 両者はレース後、共にスチュワードから呼ばれてアクシデントについて事情聴取をウケ、それぞれ自分に非はないことを主張したが、オフィシャルはラルフの側にスペースを与えなかった非があったと認定、このペナルティとなった。
 ラルフは、今後も同様の警告があって累積3回になった場合、レース出場を禁止されることになる。(motorsports@nifty 最新F1 ニュース 2004/04/05 )
=写真は2004年3月1日撮影=

F1第3戦バーレーンGP レース結果(バーレーン・サーキット:5.417km)
1 M.シューマッハ (GER) Ferrari
2 R.バリチェッロ (BRA) Ferrari
3 J.バトン (GBR) B.A.R Honda
4 J.トゥルーリ  (ITA) Renault
5 佐藤 琢磨 (JPN) B.A.R Honda
6 F.アロンソ (ESP) Renault
7 R.シューマッハ (GER) Williams BMW
8 M.ウェバー (AUS) Jaguar Corworth
[PR]
by markzu | 2004-04-04 23:53 | F1 (2004)
やったね、琢磨!!!/F1第3戦バーレーンGP 予選結果
a0000883_2213223.jpg
2004年4月3日(土)3 
バーレーンGP公式予選が今終わりました。

 佐藤琢磨、チームメイトのバトンに勝ちました。やったね、素晴らしい、どんなに上位でも同じ車のチームメイトに勝たなければ、評価はされないとフリー走行が終わった段階で4位でもバトンが1位じゃ、意味ないと書きました(4月3日2)が、ほんとうにやってくれました、うれしい、すごいよ立派だ。
 
 それも5位ですからね、上は1位M.シューマッハ 、2位バリチェロ 、3位モントーヤ 、4位 R.シューマッハ で後にはチームメイトの6位バトン。素晴らしい、ほんとうにほんとうにすごい、明日のレースもこの調子で頑張ってほしいものです。でも今回バトンと遜色ない速さを証明しただけでも成果有りだね。

 明日は結果は二の次で思いっきり攻めてほしい。ドライバー、メディア、チーム関係者そして全世界のF1ファンにF3時代の攻めの琢磨、イケイケ琢磨のドライビングをアピールしてほしい、あの時代の琢磨の走りの復活を期待したい。輝け、琢磨!!!

F1第3戦バーレーンGP 予選結果
 1位 M.シューマッハ  Ferrari B
 2位 R.バリチェッロ  Ferrari B
 3位 J.モントーヤ  Williams BMW M
 4位 R.シューマッハ  Williams BMW M
 5位 佐藤 琢磨  B.A.R Honda M
 6位 J.バトン  B.A.R Honda M
 7位 J.トゥルーリ  Renault M
 8位 O.パニス  Toyota M

写真は2004年4月2日撮影
[PR]
by markzu | 2004-04-03 21:29 | F1 (2004)
バーレーンGP 佐藤琢磨、頑張れ!!/F1第1戦オーストラリアGP ・第2戦マレーシアGP レース結果
a0000883_22122847.jpg
2004年4月3日(土)2
今バーレーンGPフリー走行4回目の結果が入ってきました。
バトンが1位で琢磨が4位、BAR Hondaすごい、いくらフリー走行といえ、これは午後からの公式予選が楽しみです。

特に琢磨は頑張ってもらわないと、こちらではバトンとの対比で散々な書かれ方、または言われ方されていますからね、ここは何が何でもやってもらわねば、「スピン王」とか「自滅王」などというありがたくない別称を返上しなくてはいけない。
贅沢を言わせてもらうと、いくら4位でもバトンが1位じゃ意味ない、バトンに勝ってくれ琢磨、頑張れ!琢磨!!!

でも、信じられない、いくらフリー走行でもBARが1位と4位なんて、11位と14位の間違いじゃないよね、大丈夫だよね。

写真は2004年4月2日撮影

F1第1戦オーストラリアGP レース結果(アルバートパーク:5.303km)3月7日
1 M.シューマッハ (GER) Ferrari
2 R.バリチェッロ (BRA) Ferrari
3 F.アロンソ (ESP) Renault
4 R.シューマッハ (GER) Williams BMW
5 J.モントーヤ (COL) Williams BMW
6 J.バトン (GBR) B.A.R Honda
7 J.トゥルーリ  (ITA) Renault
8 D.クルサード (GBR) McLaren Mercedes

F1第2戦マレーシアGP レース結果(セパン・サーキット:5.543km)3月21日
1 M.シューマッハ (GER) Ferrari
2 J.モントーヤ (COL) Williams BMW
3 J.バトン (GBR) B.A.R Honda
4 R.バリチェッロ (BRA) Ferrari
5 J.トゥルーリ  (ITA) Renault
6 D.クルサード (GBR) McLaren Mercedes
7 F.アロンソ (ESP) Renault
8 F.マッサ (BRA) Sauber Petronas
[PR]
by markzu | 2004-04-03 18:06 | F1 (2004)
佐藤琢磨
a0000883_20115418.jpg
2004年3月7日(日)
3月6日(土)「時差(F1テレビ観戦)」の僕のブログにこんな質問が、
Commented by asaka_nagamori at 2004-03-06 22:46
そちらでのバトン、そして元イギリスF3チャンピオン琢磨の評判はどうですか?
海外での評判を聞いてみたいです

 バトンはそこそこ知名度、人気もありますが、琢磨はまだまだ異邦人、またはお客様ですね、今回の予選1回目、何度か大きくカウンターを当てる場面をオンボードカメラから撮った映像をリプレイしながら、「今回のホンダエンジン強力なのかな?、コーナーのコントロール大変みたいだね、頑張ってるね」だし、2回目は一転「日本人の琢磨佐藤!、スーパーラップ!!、素晴らしい!!!、日本人ドライバー琢磨、トップのタイムです。一昨年ジョウダンからデビュー、昨年BARテストドライバーの日本人琢磨、ここまでの最高タイムです・・・」ってまったくの新人じゃないのに、こんな説明というか、本当に驚いたー、やったね!みたいな、「まさか日本人が・・・」的なアナウンスでした。

 F1の世界って元F3チャンプとか関係ないみたい、速いかお金待っているか(集められるか)だけかも。昨年総合2位のライコネンや琢磨のチームメイト・バトンだって、F1までの経歴じゃ琢磨の方が上ですよね、でも誰も琢磨の方が速いとは思っていませんよね、その年F3で一番速くても、F1では速いとは認められないってことですよね。また本当にこいつは速いってドライバーはライコネンのように入門的なフォーミラーカー乗ってすぐにピックアップされる世界ですよね。琢磨はまだ今までの日本人ドライバーと同じでお金(スポンサー)もしくはホンダのバックアップでF1ドライバーになったやつという感じかな、実際琢磨はホンダエンジンの車しか乗っていないしね。ですから今年、同じ車のチームメイトのバトンに何度も予選、本戦で勝たなければ、実力認められないと思います。

 ちょっと厳しいけど、頑張れ、琢磨!!

写真は2003年12月5日マンチェスターユナイテッドスタジアム対岸から撮りました。
[PR]
by markzu | 2004-03-08 01:23 | F1 (2004)
時差(F1テレビ観戦)
a0000883_16616.jpg
2004年3月6日(土)
 F1グランプリがいよいよ始まったのですが、英国は今、早朝5時・・分。日本は14時台ですよね、今まではオーストラリアと日本だけが唯一昼間にケーブル(スカパー)で生放送を観戦、しかし今回は深夜2時45分から見ました。まぁ日本でのいつものF1観戦時間ですが、でもでも(強調して言います)今年は後3戦(鈴鹿、マレーシア、上海)深夜観戦で、欧州GPはほとんど1,2時間の時差で見れるわけですから、嬉しいです(完全に自慢です、性格悪いです!)

 今年の予選はとても面白いですね、金曜日のフリー走行、昨年の上位4チーム以外は3台走らせることが出来たり、レースウィーク3日間は同一エンジンを使い続けなければならないなどなど、上位チーム対下位チームの実力差解消策的で、レース方式大改革の昨年以上に楽しみです。

 今回の予選、BAR Honda速かったですね、バトン4位で琢磨7位ですからね、明日の決勝レースが楽しみです。僕的には佐藤琢磨に頑張ってほしい。それにしても、と言うか相変らず今年もフェラーリ速い!(1,2位)。明日は深夜1時45分から観戦です、頑張れ、琢磨!!

写真は春の日差しを浴びてなのか?、元気のいい犬の散歩を今週撮りました。
[PR]
by markzu | 2004-03-06 14:46 | F1 (2004)
テレビゲーム
a0000883_723247.jpg
2004年2月22日(日)3  先週と同じく、今週も晴れから始まりです。

F1ドライバーがテレビゲームでコース覚えるのって、今や常識なんですね。

ベストカー2004/2/10号(三推社/講談社)の111ページにF1レポーターでお馴染みの川井一仁氏が「J・ビルヌーヴがデビューした頃テレビゲームでコースを覚えたというのが新しいタイプのドライバーを象徴するエピソードとして紹介されたけど今じゃ本当に多くのドライバーがテレビゲームをやっている。・・・・・テストの時など、ピットにゲーム機を持ち込んで、レコードラインやブレーキングポイントを確認しているんだけど、またみんなゲームもうまいよ・・・・・」と書いています。ただし、「M・シューマッハがものすごくゲームがヘタなのに、実際の運転は速いんだから、やっぱりたいしたもの・・・・・」ちょっと安心しましたが、でも確実に時代は変わったってことなんでしょうね。ところで琢磨はどうなんだ?
[PR]
by markzu | 2004-02-23 07:18 | F1 (2004)