カテゴリ:F1予選/決勝(2005)( 44 )
F1第9戦アメリカGPレース結果 ミシュラン勢レースをボイコット!
ミシュラン使用7チームはフォーメーションラップのみで、すべてピットに戻り、スターティンググリッドはブリヂストン使用3チーム。フェラーリ、ジョーダン、ミナルディでレーススタート。
.............................................................................
ミシュランはF1チームにタイヤを供給する能力はない。早急に撤退してほしい。またFIAは、ミシュランとボイコットした7チームに断固たる処分を下すべきだ
.............................................................................
優勝記者会見でミハエル・シューマッハ「コースに投げ入れられたのは、ほとんどビールボトルだね、ニオイでわかったよ」

a0000883_5532321.jpg

F1第9戦アメリカGPレース
1 M・シューマッハ フェラーリ
2 R・バリチェロ フェラーリ
3 T・モンテイロ ジョーダン
4 N・カーティケヤン ジョーダン
5 C・アルバース ミナルディ
6 P・フリーザッハー ミナルディ

写真は2005年6月7日撮影

ラルフ・シューマッハの金曜フリー走行でのクラッシュで始まったミシュランタイヤのレースまでの騒動を僕のブログ「F1通信」から関連記事をピックアップしました。
アメリカGP、3チームでのレース結果は有効になりそうです(レース中)
FIA、ミシュランの提案を却下、しかし・・・
ストッダート(ミナルディ)「FIAは一貫性のない行動をとっている」
エクレストン「私はミシュランのリクエストを支持する」
ミシュランチームのボイコット発言はどうなんだぁ?
ミシュランの不参加呼びかけはおかしい
ラルフ、今年もクラッシュ!!
[PR]
by markzu | 2005-06-20 07:30 | F1予選/決勝(2005)
F1第9戦アメリカGP予選結果 佐藤琢磨8位トゥルーリPPトヨタ初!
ヤルノ・トゥルーリがポールポジション、驚いた。トヨタ車でトップ!本当に素晴らしい!!燃料搭載を軽くしたのではと言われそうだが、空タンクで走っているわけではないはず。トヨタにとって初ポールポジション、チーム戦歴に残る予選になった。

今回の予選は前半と後半に速いチームが別れ、1時間フルに楽しめた。アメリカ大陸シリーズは英国では予選の地上波生中継がなく、前回カナダは衛星放送が見られなく、ネットでテキスト観戦でしたが、今回はしっかり生中継を見ました。そして思うのはインディアナポリスって、他のF1開催サーキットとまったく雰囲気が違う。何がどう違うのではなく、すべて違う。また他のサーキットなら、予選走行時の車の速さがわかる。テレビでも他車との速さの比較が出来る・・・気がする。しかし、インディアナポリスはまったくわからない。バンクからメインストレートを一台の車が走っているのを見ても、まったくスピードの違いはわからないし、インフィールドセクションは低速過ぎて、縁石乗り上げて車の挙動がおかしいとか、車がスライドしたと言う以外はわからない。サーキットの雰囲気だけではなく、レース自体もかなり違う。

ジェンソン・バトン3位で佐藤琢磨8位。タイム差0.22は予選走行順位の差だと思いたい。レースでは「オール・オア・ナッシング」(BAR代表ニック・フライ)のチーム方針通り、琢磨、攻めて攻めて攻めまくれ!!

F1第9戦アメリカGP予選結果
a0000883_521190.jpg1 J・トゥルーリ トヨタ 1:10.625
2 K・ライコネン マクラーレン 1:10.694
3 J・バトン BAR 1:11.277
4 G・フィジケラ ルノー 1:11.290
5 M・シューマッハ フェラーリ 1:11.369
6 F・アロンソ ルノー 1:11.380
7 R・バリチェロ フェラーリ 1:11.431
8 佐藤 琢磨 BAR 1:11.497
9 M・ウェーバー ウィリアムズ 1:11.527
10 F・マッサ ザウバー 1:11.555
11 J・P・モントーヤ マクラーレン 1:11.681
12 J・ヴィルヌーヴ ザウバー 1:11.691
13 R・ゾンタ トヨタ 1:11.754
14 C・クリエン レッドブル 1:12.132
15 N・ハイドフェルド ウィリアムズ 1:12.430
16 D・クルサード レッドブル 1:12.682
17 T・モンテイロ ジョーダン 1:13.462
18 C・アルバース ミナルディ 1:13.632
19 N・カーティケヤン ジョーダン 1:13.776
20 P・フリーザッハー ミナルディ 1:14.494

写真は2005年6月7日撮影
[PR]
by markzu | 2005-06-19 05:27 | F1予選/決勝(2005)
F1第8戦カナダGPレース結果 佐藤琢磨リタイア 優勝はライコネン
今回の予選、ジェンソン・バトンは軽い燃料搭載で、佐藤琢磨は積んでいたのでは、と記事になっていた。しかしピットストップ、琢磨はバトンの1周遅れ。つまりどちらも積んでいなかった、ちょっとショック。そのあとすぐに琢磨が再びピットに戻って、このレース最初のリタイヤ。しかし次戦予選トップ走行を避けるためにレース復活したが、今度はコース上でリタイヤ。バトンもその間に壁に激突!リタイヤしていて、BARはなんだかとてもドタバタしている感じがした。チーム代表ニック・フライの「2レース参戦停止中に、007カーのスピードアップを目指したが失敗した」の発言が非常に重い。BARの完全復活(あるのかなぁ)にはまだ時間がかかりそう。

同じく今シーズン低迷していたフェラーリ、今回は凄いレースをしたと思う。予選で燃料を軽くしてミハエル・シューマッハ2位はBARと同じ作戦だが、しっかりレースでもミハエルは2位でゴール。そしてもっと凄いのはピットスタートのルーベンス・バリチェロが3位!って、どうなっているの、まったくテレビには映っていなかったが、この成績は素晴らしい。

ルノーは今シーズン初めての2台リタイヤで、優勝はキミ・ライコネン。またブラックフラッグがファン-パブロ・モントーヤに振られ、レース失格。彼はマクラーレンに移ってから、なんか「いいこと」がない。

+追記 14日8時20分 F1通信にも書いたのですが、何度も書きます。
BARの公式サイトBARHondaF1.comで佐藤琢磨は、「データの収集と、来週の予選スタート順を上げるために走った」「完走できなかったことは残念です。でも、ポジティブな収穫もありましたし、インディアナポリスでは、もっと良い結果を見せたいと思います」
その言葉を信じたい。昨年のあの感動を期待したい。頑張れ、ホンダ!頑張れ、琢磨!!

+追記の追記 14日9時48分
BAR、オール・オア・ナッシングでいく
BAR commit to all-or-nothing approach :F1-Live.com
BAR代表ニック・フライ「今シーズンのチャンピオンシップは重要ではない。レースに勝つことだけを目標にする。とにかく攻める」 
'We want the big points, not the tiddlers' 「雑魚はいらない、大物を狙う」

これは凄い、最高です。琢磨のスタイルに合っている。ガンガン攻める佐藤琢磨がまた帰って来そうです。期待したい。ニック・フライっておとなしい顔しているけど、さすがチーム代表になるだけの人物です。彼の方針を支持します。完走より優勝目指して走るBAR!これは本当に楽しみです。

a0000883_451371.jpg
F1第8戦カナダGPレース結果
1 K・ライコネン マクラーレン
2 M・シューマッハ フェラーリ
3 R・バリチェロ フェラーリ
4 F・マッサ ザウバー
5 M・ウェーバー ウィリアムズ
6 R・シューマッハ トヨタ
7 D・クルサード レッドブル
8 C・クリエン レッドブル
9 J・ヴィルヌーヴ ザウバー
10 T・モンテイロ ジョーダン
11 C・アルバース ミナルディ

佐藤琢磨、30周遅れリタイヤで下から5番目のレースリザルトですので、次戦予選は5番目スタートになりそうです。予選トップスタートよりは、断然有利だと思いたい。。。

写真は2005年6月7日撮影
[PR]
by markzu | 2005-06-13 07:26 | F1予選/決勝(2005)
F1第8戦カナダGP予選結果 佐藤琢磨6位バトンPPミハエル2位
佐藤琢磨6位です。でも嬉しくない、チームメイトがポールポジションを獲得って何だよ! 今年はジェンソン・バトンに予選、決勝、まったく勝てない。昨年後半は互角の勝負が出来ていたのに、残念。

今回の予選は英国では地上波生放送なし、The Official Formula 1 websiteのLive Timingで観戦!していたのですが、余計にバトンのスーパーラップがはっきり数字に表れて、気分が悪かった。琢磨のあとのキミ・ライコネンのタイムが出ず琢磨がトップキープの時はやったぁ!と思ったのですが、ライコネンのすぐあとに走ったバトンが、驚異的なタイムで喜びも一瞬だった。

予選結果を見ると、ミハエル・シューマッハが2位に入り、BARとフェラーリがルノー、マクラーレンを抑えている。ウィリアムズの13、14位はどうしたのだろう。BMWとのバトルに疲れて、車を仕上げられなかったかな!? チームオーナーやバーニー・エクレストンとのバトル中のジャック・ヴィルヌーヴは8位。腐っても鯛.....ではなく、さすが元チャンピオン。しっかり(予選ですが)結果を出しています。

F1第8戦カナダGP予選結果a0000883_473320.jpg
1 J・バトン BAR 1:15.217
2 M・シューマッハ フェラーリ 1:15.475
3 F・アロンソ ルノー 1:15.561
4 G・フィジケラ ルノー 1:15.577
5 J・P・モントーヤ マクラーレン 1:15.669
6 佐藤 琢磨 BAR 1:15.729
7 K・ライコネン マクラーレン 1:15.923
8 J・ヴィルヌーヴ ザウバー 1:16.116
9 J・トゥルーリ トヨタ 1:16.201
10 R・シューマッハ トヨタ 1:16.362
11 F・マッサ ザウバー 1:16.661
12 D・クルサード レッドブル 1:16.890
13 N・ハイドフェルド ウィリアムズ 1:17.081
14 M・ウェーバー ウィリアムズ 1:17.749
15 C・アルバース ミナルディ 1:18.214
16 C・クリエン レッドブル 1:18.249
17 N・カーティケヤン ジョーダン 1:18.664
18 T・モンテイロ ジョーダン 1:19.034
19 P・フリーザッハー ミナルディ 1:19.574
20 R・バリチェロ フェラーリ タイムなし

写真は2005年6月7日撮影
[PR]
by markzu | 2005-06-12 03:48 | F1予選/決勝(2005)
F1第7戦ヨーロッパGPレース結果 佐藤琢磨12位優勝はアロンソ4勝目
今回はタイヤがもう大変な状態で、パリダカのように何台もの車が「砂漠」(エスケープゾーン)を走っていた。そして最後、それも最終周回に砂漠を疾走!したのが、トップ走行のキミ・ライコネン。勝利を目の前にしながら右前輪タイヤが「バースト」「もげて」そのままバリアに追突リタイア。。。

タイヤに問題を抱えているのがテレビでもわかるライコネンを最後ガンガン追い詰めていたフェルナンド・アロンソが劇的な勝利で今シーズン4勝目、この勝利は本当に大きな意味を持つと思う。またピットスタートのジャンカルロ・フィジケラ が6位。ルノーの戦闘力はまだまだ健在。どうやら今年は24歳のチャンピオンが誕生しそうです。(1981年7月29日生まれ )

佐藤琢磨はすぐにノーズ交換したりして、このGPは次戦予選走行順位を少しでも後ろにするために走っている感じかな、5週間封印エンジンでは無理も出来なかったのだろう。ニューエンジンで戦えるカナダGPに期待したい。

F1第7戦ヨーロッパGPレース結果
1 F・アロンソ ルノーa0000883_2361216.jpg
2 N・ハイドフェルド ウィリアムズ
3 R・バリチェロ フェラーリ
4 D・クルサード レッドブル
5 M・シューマッハ フェラーリ
6 G・フィジケラ ルノー
7 J・P・モントーヤ マクラーレン
8 J・トゥルーリ トヨタ
9 V・リウッツィ レッドブル
10 J・バトン BAR
11 K・ライコネン マクラーレン
12 佐藤 琢磨 BAR
13 J・ヴィルヌーヴ ザウバー
14 F・マッサ ザウバー
15 T・モンテイロ ジョーダン
16 N・カーティケヤン ジョーダン
17 C・アルバース ミナルディ
18 P・フリーザッハー ミナルディ

写真は2005年5月26日撮影 リヴァプール凱旋パレード
[PR]
by markzu | 2005-05-30 00:14 | F1予選/決勝(2005)
F1第7戦ヨーロッパGP予選結果 佐藤琢磨16位ハイドフェルドが初PP
今回から新しい予選方式。日曜予選がなくなり、合計タイムなしの一発勝負。僕的にはとても良かったと思うのですが、BARにとっては最悪のタイミング。なぜなら佐藤琢磨、予選トップ走行。これだけでも千分の一秒を争っているF1では不利なのに、さらにエンジンはFIAの規則厳守主義!?で5週間封印されたエンジン。BARエンジンチーフが「エンジンは5週間放置設計ではない!」と言うくらいに走ってみなければわからないエンジンで臨んだ予選。琢磨16位、バトン13位。残念だが、この状態では良しとしなければいけない。そして決勝もBARにとって厳しいレースになると思うが、琢磨のアツイ走りを期待したい。

前回、自身F1レース最高位2位のニック・ハイドフェルドが母国、それも地元、ニュルブルクリンクで初ポールポジション、おめでとう、素晴らしい!!

F1第7戦ヨーロッパGP予選結果
1 N・ハイドフェルド ウィリアムズ 1:30.081a0000883_2131422.jpg
2 K・ライコネン マクラーレン 1:30.197
3 M・ウェーバー ウィリアムズ 1:30.368
4 J・トゥルーリ トヨタ 1:30.700
5 J・P・モントーヤ マクラーレン 1:30.890
6 F・アロンソ ルノー 1:31.056
7 R・バリチェロ フェラーリ 1:31.249
8 R・シューマッハ トヨタ 1:31.392
9 G・フィジケラ ルノー 1:31.566
10 M・シューマッハ フェラーリ 1:31.585
11 F・マッサ ザウバー 1:32.305
12 D・クルサード レッドブル 1:32.553
13 J・バトン BAR 1:32.594
14 V・リウッツィ レッドブル 1:32.642
15 J・ヴィルヌーヴ ザウバー 1:32.891
16 佐藤 琢磨 BAR 1:32.936
17 T・モンテイロ ジョーダン 1:35.047
18 P・フリーザッハー ミナルディ 1:35.954
19 N・カーティケヤン ジョーダン 1:36.192
20 C・アルバース ミナルディ 1:36.239

写真は2005年5月26日撮影 リヴァプール凱旋パレード待機中
[PR]
by markzu | 2005-05-28 21:55 | F1予選/決勝(2005)
F1第6戦モナコGPレース結果 ライコネン2連勝
何だろう、今回のモナコは。やはりタイヤかな。なんか盛りだくさんすぎて、どこから書こうか迷うが、やはり、キミ・ライコネン、ぶっちぎりで2連勝。予選も速かったが、決勝はもっと安定していたと思う。あまりテレビに「出演」していなかったので、よくわからないがバトルバトルの2位以下とは次元が違う一人旅。

スタートでは、お約束のマーク・ウェバーの順位ダウンから始まり。「動くシケイン」ミナルディが本当にシケインになって、いろんなことが起こったり。ザウバーの2台が仲良くコースアウト! ジャック・ビルヌーヴ、あのオーバーテイクは無茶だよ、それもチームメイトにって、かわいそうなフェリペ・マッサ。。。無茶と言えば、ヤルノ・トゥルーリがジャンカルロ・フィジケラをテレビゲームのような挙動で、ローズヘアピンのインからオーバーテイクには、びっくりした。

今回は超接近バトルがいたるところで見られ、特にフェルナンド・アロンソと2台のウィリアムズの攻防は楽しかった。スパッと抜いたニック・ハイドフェルドと1回じゃ抜けなかったマーク・ウェバー。でもウェバーは嬉しい嬉しい初表彰台。

フェラーリは2台ともにポイントゲット、、、なのですが7位8位はやはりさびしい。次戦のニュルブルクリンクではBARとともに大活躍!を期待したい。

F1第6戦モナコGPレース結果a0000883_84417.jpg
1 K・ライコネン マクラーレン
2 N・ハイドフェルド ウィリアムズ
3 M・ウェーバー ウィリアムズ
4 F・アロンソ ルノー
5 J・P・モントーヤ マクラーレン
6 R・シューマッハ トヨタ
7 M・シューマッハ フェラーリ
8 R・バリチェロ フェラーリ
9 F・マッサ ザウバー
10 J・トゥルーリ トヨタ
11 J・ヴィルヌーヴ ザウバー
12 G・フィジケラ ルノー
13 T・モンテイロ ジョーダン
14 C・アルバース ミナルディ

写真は2001年2月撮影
[PR]
by markzu | 2005-05-23 08:15 | F1予選/決勝(2005)
F1第6戦モナコGP予選結果 ライコネン3戦連続ポールポジション
キミ・ライコネンが昨日のタイム差に助けられ、辛うじてトップキープ。でも堂々の3戦連続ポールポジション、素晴らしい。フェルナンド・アロンソは惜しかった、今日一番のタイムながら0.083秒という僅差で合計順位2位。アロンソは軽めの燃料で狙ったかも知れず、ピットイン時期が楽しみ。

また予選順位は前回同様、ほとんど今日の順位がそのまま合計順位で、これはもう制度的にもこの予選はつまらない。地上波が日曜予選を放送しないのが理解できる。僕としては土曜日より日曜日の方が楽しいと思うのだが、1日に2回のF1生放送(欧州)はスポンサーも集まらないのだろう。そしてバーニー・エクレストンが「予選を1回にしたい」と動き出したので、間違いなく次回から変わるでしょう。

今日順位を上げたのは昨日チームメイト ラルフ・シューマッハのクラッシュ後、路面状態が悪くタイムを上げられなかったヤルノ・トゥルーリが昨日の7位から5位。そして今日一番順位を上げたのはミハエル・シューマッハなのだが、それでも8位、、、寂しすぎる。フェラーリしっかりしろ!!

F1第6戦モナコGP予選結果
a0000883_18304184.jpg1 K・ライコネン マクラーレン 2:30.323
2 F・アロンソ ルノー 2:30.406
3 M・ウェーバー ウィリアムズ 2:31.656
4 G・フィジケラ ルノー 2:32.100
5 J・トゥルーリ トヨタ 2:32.590
6 N・ハイドフェルド ウィリアムズ 2:32.883
7 D・クルサード レッドブル 2:33.867
8 M・シューマッハ フェラーリ 2:34.736
9 J・ヴィルヌーヴ ザウバー 2:34.936
10 R・バリチェロ フェラーリ 2:34.983
11 F・マッサ ザウバー 2:35.120
12 V・リウッツィ レッドブル 2:37.152
13 P・フリーザッハー ミナルディ 2:40.810
14 C・アルバース ミナルディ 2:42.206
15 T・モンテイロ ジョーダン 2:43.078
16 N・カーティケヤン ジョーダン 2:43.442
17 J・P・モントーヤ マクラーレン 1:14.858
18 R・シューマッハ トヨタ no time

写真は2001年2月撮影
[PR]
by markzu | 2005-05-22 18:42 | F1予選/決勝(2005)
F1第6戦モナコGP予選1回目 ライコネンがトップ
キミ・ライコネン、はや! のってるよ。そしてフェルナンド・アロンソもきてます。明日の予選もこの二人の争いになりそうというか、3位マーク・ウェバーとはライコネンが0.9秒、アロンソが0.4秒も速いのだからミスしないかぎり二人のポール争いだと思う。ただし、アロンソより0.4秒速いライコネンが断然有利。

びっくりしたのはラルフ・シューマッハのガードレール激突。ラルフは昨年のアメリカGPもそうだが、エスケープゾーンのないコースは鬼門かもね。

ミハエル・シューマッハ11位。ルーベンス・バリチェロが10位なので、これは車がまったくきまっていないのだろう。フェラーリ、しっかり車作ってよぉ!

F1第6戦モナコGP予選1回目
a0000883_21241357.jpg1 K・ライコネン マクラーレン 1:13.644
2 F・アロンソ ルノー 1:14.125
3 M・ウェーバー ウィリアムズ 1:14.584
4 G・フィジケラ ルノー 1:14.783
5 J・P・モントーヤ マクラーレン 1:14.858
6 N・ハイドフェルド ウィリアムズ 1:15.128
7 J・トゥルーリ トヨタ 1:15.189
8 D・クルサード レッドブル 1:15.329
9 J・ヴィルヌーヴ ザウバー 1:15.921
10 R・バリチェロ フェラーリ 1:16.142
11 M・シューマッハ フェラーリ 1:16.186
12 F・マッサ ザウバー 1:16.218
13 V・リウッツィ レッドブル 1:16.817
14 P・フリーザッハー ミナルディ 1:18.574
15 C・アルバース ミナルディ 1:19.229
16 T・モンテイロ ジョーダン 1:19.408
17 N・カーティケヤン ジョーダン 1:19.474
18 R・シューマッハ トヨタ no time

写真は2005年5月7日撮影 ジョン・レノン像
[PR]
by markzu | 2005-05-21 21:29 | F1予選/決勝(2005)
F1第5戦スペインGPレース結果 キミ・ライコネン優勝 アロンソ2位
ライコネンやマクラーレンファンは楽しかったかも知れないが、まったく淡々としたレースだった。爆発するかと思ったミハエルがリタイヤで予選9位のデイビッド・クルサード が8位。あとは「約束通り」マーク・ウェバーが順位を落とし、トヨタ同士が順位を入れ替えただけで、予選上位がそのままでゴールって、なんかつまらない。

フェラーリはポイントなし.....
今年はルノー、そしてフェルナンド・アロンソが新チャンピオンになるかも、知れない。前回のサンマリノGPまでは、ルノーの4連勝、アロンソ3連勝しても、思いもしなかったが、今回の2位と5位のルノーを見ていてそう思いました。
a0000883_1193457.jpg
ドライバーズポイントランキング
1 F・アロンソ ルノー 44
2 J・トゥルーリ トヨタ 26
3 K・ライコネン マクラーレン 17
4 G・フィジケラ ルノー 14
4 R・シューマッハ トヨタ 14

コンストラクターズポイントランキング
1 ルノー 58
2 トヨタ 40
3 マクラーレン 37
4 ウィリアムズ 21
5 フェラーリ 18

今日のレースで一番印象的だったと言うか、
F1観戦で、初めて、スタートで爆笑しました。スタートでミナルディ2台ともにそのままストップ! 今回はエンジン載せ変えたりで、ミナルディの後ろに3台、それもフェラーリ、ウィリアムズ。おかげでルーベンス・バリチェロとニック・ハイドフェルド、スタートで接触しそうになるし、ストップしたままミナルディ2台はグリッド上で「不動状態」、スタートすぐにイエローフラッグそしてセーフティーカー導入されるし、同じ土俵!で戦えないミナルディはやはりダメ、早く買収されるか、撤退すべき。

F1第5戦スペインGPレース結果a0000883_120814.jpg
1 K・ライコネン マクラーレン
2 F・アロンソ ルノー
3 J・トゥルーリ トヨタ
4 R・シューマッハ トヨタ
5 G・フィジケラ ルノー
6 M・ウェーバー ウィリアムズ
7 J・P・モントーヤ マクラーレン
8 D・クルサード レッドブル
9 R・バリチェロ フェラーリ
10 N・ハイドフェルド ウィリアムズ
11 F・マッサ ザウバー
12 T・モンテイロ ジョーダン
13 N・カーティケヤン ジョーダン

写真は2005年5月7日撮影
[PR]
by markzu | 2005-05-08 23:50 | F1予選/決勝(2005)