カテゴリ:BBC NEWS( 49 )
□■イスラエル・パレスチナ停戦の可能性[BBC]
Israel-Palestinian truce 'likely'

BBC NEWS トップ記事(Last Updated: Monday, 7 February, 2005, 20:52 GMT)

イスラエル・パレスチナ停戦の可能性

イスラエルとパレスチナの指導者が8日停戦協定に署名し、4年越しの抗争に終止符を打つかもしれない。

8日エジプトで開催されるイスラエルのアリエル・シャロン首相とパレスチナ自治政府のマフムード・アッバス議長の会談において、停戦協定が締結されるだろう。

パレスチナ自治政府のサイーブ・エレカット交渉相は、2000年に始まったインティファーダ(パレスチナ人のイスラエル抵抗運動)以降、最高レベルでの会談である首脳会議後に、停戦協定が締結されるだろうと語った。

イスラエル側の当局者もこの声明を確認した。
[和訳は前半部分で最終更新版でない可能性があります。詳細はリンク先をたずねて下さい]

2005年2月8日
[PR]
by markzu | 2004-01-01 08:19 | BBC NEWS
□■ライス米国務長官、イスラエルに和平を要請[BBC]
Rice issues peace plea to Israel

BBC NEWS トップ記事(Last Updated: Sunday, 6 February, 2005, 22:18 GMT)

ライス米国務長官、イスラエルに和平を要請

アメリカのコンドリーザ・ライス国務長官は、イスラエルに対してパレスチナとの和平プロセスを進めるためには「困難な決定」をしなければならないと語った。

同長官は、6日イスラエルのアリエル・シャロン首相と会談。7日にはパレスチナ自治政府のマフムード・アッバス議長と会談する予定。

8日エジプトで行なわれるシャロン首相とアッバス議長との会談を前に、ライス長官は和平プロセスの再開への期待が高まるなか、イスラエルを訪問中。

同長官は、現在は中東における「楽観的時期」であると述べた。

イスラエルのシルヴァン・シャローム外相との会談前、同長官は「和平を進展させ、民主的なパレスチナをつくるために、イスラエルが困難な決定を下し続けるよう要求するつもりだ。現在は楽観時期で、このチャンスをとらえなければならない」と述べた。

シャローム外相は会談後、イスラエルTVのインタビューで「ライス国務長官とはパレスチナに対するイスラエルの要求について協議した。

パレスチナが、トンネルを通して武器を密輸するのを中止し、トンネルを閉鎖し、武器工場を閉鎖し、違法な武器を回収するためにあらゆる手段を尽くさないなら、武装グループに再編成してテロ攻撃を行なう時間を与えることになり、和平プロセス全体が崩壊するだろう」と語った。
[和訳は前半部分で最終更新版でない可能性があります。詳細はリンク先をたずねて下さい]

2005年2月7日
[PR]
by markzu | 2004-01-01 08:09 | BBC NEWS
□■G7、アフリカの債務救済計画を支援[BBC]
G7 backs Africa debt relief plan

BBC NEWS トップ記事(Last Updated: Saturday, 5 February, 2005, 20:53 GMT)

G7、アフリカの債務救済計画を支援

先進七カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)は、世界最貧国の一部に対する債務の全額放棄計画を支援する。

英国のブラウン財務相は、ロンドンで開催されているG7について、「100%債務救済サミット」として記憶されるだろうと語った。

同相によると、世界銀行および国際通貨基金(IMF)などを含む機関がケースバイケースで再検討すれば、約37ヶ国が恩恵を受けるという。

しかし、米国は、発展途上国の救済支援として、ブラウン財務相の「国際金融ファシリティ(IFF)」構想を支持することはできないと反発。

BBC特派員は、会議では英国の構想に向けていくつかの動きがあったが、さらなる調整が必要であると報告した。

ブラウン財務相は、最貧国の「非常に多額の債務」に対して、100%の多国間債務救済を提案することは、国際組織にとって大きな突破口になるだろうと語った。
[和訳は前半部分で最終更新版でない可能性があります。詳細はリンク先をたずねて下さい]

2005年2月6日
[PR]
by markzu | 2004-01-01 08:06 | BBC NEWS
□■ライス米国務長官、イランに対する共同戦線を要請[BBC]
Rice urges 'united front' on Iran

BBC NEWS トップ記事(Last Updated: Friday, 4 February, 2005, 17:57 GMT)

ライス米国務長官、イランに対する共同戦線を要請

アメリカのコンドリーザ・ライス国務長官は、イランの核開発計画に反対する米政府と目標を統一するよう欧州に呼びかけた。

同国務長官は、ドイツのゲルハルド・シュレーダー首相との会談後、「テヘランの核開発の野望に対する緊張緩和には、外交上の駆け引きが利用できる。しかし、イランは自らの責任を果たす準備ができていることを証明しなければならない」と語った。

欧州連合は、テヘランと核開発問題について交渉を進めているが、米国はさらに強硬な姿勢を求めている。

国務長官就任後初めての外遊で、ライス国務長官はまずロンドンで、現時点ではイランの武力攻撃は検討課題にあがっていないことを強調した。

しかし、6日放送予定のテレビ番組「Sunday's Breakfast with Frost」のBBCのインタビューでは、ライス国務長官はイランを「テロに対する最大の資金提供国」と厳しく表現した。

イランはパレスチナの「拒絶派グループ」およびヒズボラ活動の重要な支援国で、同国務長官は「中東和平の最大の障壁のひとつ」であるとし、「イランは国際システムを不安定化させる影響を有している」と語った。
[和訳は前半部分で最終更新版でない可能性があります。詳細はリンク先をたずねて下さい]

2005年2月5日
[PR]
by markzu | 2004-01-01 07:52 | BBC NEWS
□■国連の石油・食料交換計画責任者に非難[BBC]
UN oil-for-food head criticised

BBC NEWS トップ記事(Last Updated: Thursday, 3 February, 2005, 22:07 GMT)

国連の石油・食料交換計画責任者に非難

サダム・フセイン政権下のイラクにおける国連の石油・食料交換計画に関する報告書は、プログラム責任者を強く非難している。

独立調査委員会において、ポール・ヴォルカー委員長は「ベノン・セヴァン氏は、イラクに対して特定の会社に石油を割り当てるよう再三要求した」と説明。

セヴァン氏は不正行為を否定し、声明を出す予定であると語った。

廃止されたこの計画は、国際的制裁措置の影響を緩和するため、イラクが石油を販売して食糧や医薬品を購買できるようにするものであった。

問題のプログラムに関係する申し立ての中には、サダム・フセインが資金の一部を個人的に有用していたとするものもある。
[和訳は前半部分で最終更新版でない可能性があります。詳細はリンク先をたずねて下さい]

2005年2月4日
[PR]
by markzu | 2004-01-01 07:44 | BBC NEWS
□■ローマ法王の入院[BBC]
Ailing Pope to stay in hospital

BBC NEWS トップ記事(Last Updated: Wednesday, 2 February, 2005, 17:03 GMT)

ローマ法王の入院

バチカンは、法王ヨハネ・パウロ2世(84歳)の容態は、人工呼吸器を含む終夜の治療を受たあとは安定していると発表した。

法王は、1日夜インフルエンザが突然悪化して呼吸困難となり、ローマ市内のジェメリ病院に搬送された。

その後バチカンは、法王の心肺機能は「正常範囲にある」との声明を出した。

スポークスマンのホアキン・ナヴァロ-ヴァルス氏は、「法王はさらに数日間入院する予定である。法王の意識はしっかりしている。2日に微熱があったものの、病院のベッドでミサに参加した」と話した。
[和訳は前半部分で最終更新版でない可能性があります。詳細はリンク先をたずねて下さい]

2005年2月3日
[PR]
by markzu | 2004-01-01 07:31 | BBC NEWS
□■ローマ法王インフルエンザで入院[BBC]
Pope taken to hospital with flu

BBC NEWS トップ記事(Last Updated: Tuesday, 1 February, 2005, 22:43 GMT)

ローマ法王インフルエンザで入院

イタリアのメディアは、ローマ法王ヨハネ・パウロ2世がインフルエンザのため入院したと報じた

ANSA通信社によると、今回の入院は「予防措置」であるという。

84歳のポーランド生まれの法王は、1月30日インフルエンザにかかり、医師団の忠告にしたがって予定を全てキャンセルした。

法王は、パーキンソン病と、膝痛・関節痛にも苦しんでいるが、通常は多忙な業務スケジュールをこなしている。
[和訳は前半部分で最終更新版でない可能性があります。詳細はリンク先をたずねて下さい]

2005年2月2日
[PR]
by markzu | 2004-01-01 07:19 | BBC NEWS
□■マイケル・ジャクソン、性的虐待の公判に出廷[BBC]
Jackson in court for abuse trial

BBC NEWS トップ記事(Last Updated: Monday, 31 January, 2005, 20:45 GMT

マイケル・ジャクソン、性的虐待の公判に出廷

米人気歌手、マイケル・ジャクソン(46)が、児童に対する性的虐待容疑の公判のためカリフォルニアの裁判所に出廷し、陪審員の選任に立ち会った。

白いスーツ姿のジャクソン被告は、サンタマリア裁判所に到着すると、キャーキャー言うファンに日傘の陰から手を振った。

約300人の陪審員候補が面接を受ける予定。公判は長ければ6ヶ月かかる。

ジャクソン被告は、10件の児童に対する性的虐待および1件の共同謀議について否認している。

有罪判決を受ければ、最長で21年の禁固刑が言い渡される可能性がある。

ジャクソン被告はサンタマリア裁判所に入廷する前に、応援のために世界中から駆けつけた数十人のファンに向かってVサインを一瞬見せた。

サンタマリアのジェームズ・クーマラサミーBBC記者によると、1年前の出廷時とは異なり、芝居がかった様子や車中でのダンスなどは見せなかったと言う。

同被告が昼食のため法廷を離れたときも、同じ光景が繰り返された。
[和訳は前半部分で最終更新版でない可能性があります。詳細はリンク先をたずねて下さい]

2005年2月1日
[PR]
by markzu | 2004-01-01 07:12 | BBC NEWS
□■イラク選挙は「成功」[BBC]
Iraq election declared 'success'

BBC NEWS トップ記事(Last Updated: Sunday, 30 January, 2005, 19:41 GMT)

イラク選挙は「成功」

50年間のイラクで最初の複数政党選挙が終了し、成功が宣言された。

選挙管理委員会は高い投票率を発表し、ジョージ・W・ブッシュ米大統領はイラク国民に対して「偉大かつ歴史的な偉業」を祝った。

当局者によると、イラク国内では投票日を狙った一連の攻撃により、バグダッド市内を中心に少なくとも36人が死亡したという。

特派員はスンニ派、シーア派、クルド人の本拠地では、投票率に大きな差があったと報告している。

イスラム教シーア派の多いイラク南部、クルド人の多い北部では、投票所に行列ができ、投票者の中には喜びで笑う人、涙ぐむ人がいた。

しかし、イラク中心部のスンニ派優勢の都市にある投票所は、反対派による攻撃をおそれて、あるいは選挙そのものに反対して投票者が近づかなかったため、閉鎖・放棄された。

正式に投票が締め切られる直前、英軍の輸送機がバグダッド北部で墜落した。死傷者数および原因は不明。
[和訳は前半部分で最終更新版でない可能性があります。詳細はリンク先をたずねて下さい]

2005年1月31日
[PR]
by markzu | 2004-01-01 07:04 | BBC NEWS
□■武力行為のためイラク人の大多数は投票しないだろう[BBC]
Violence 'will deter many Iraqis'

BBC NEWS トップ記事(Last Updated: Saturday, 29 January, 2005, 19:27 GMT)

武力行為のためイラク人の大多数は投票しないだろう

イラクの暫定大統領は「国内での武力行為が続いているため、多数のイラク人は30日の歴史的な選挙で投票しないだろう」と語った。

ガジ・ヤワル大統領は、抗議のためではなく安全のために、有権者は投票所を敬遠するだろうと述べた。

選挙のために空前の治安対策がとられている。

しかし、防備を固めたバグダッド中心部でさえも武力行為は続いており、29日、米国大使館敷地に対するロケット弾攻撃により、2人の米国人が死亡した。

29日夜、通称グリーンゾーン(米軍管理区域)で起きたこの攻撃では、少なくとも4人が負傷した。

スポークスマンのボブ・キャハラン氏は「大使館の建物近くに着弾した。2人が死亡、4人が負傷した。全員米国人だ。犠牲者が大使館職員かどうかは不明である」と語った。

バグダッドのBBCのジェニファー・グラス記者によると、ティグリス川の堤防上の敷地は、米国大使館スタッフおよび他の国際組織の住宅であるという。

同大使館は、昨年8月迫撃砲の攻撃を受けたが死傷者はなかった。
[和訳は前半部分で最終更新版でない可能性があります。詳細はリンク先をたずねて下さい]

2005年1月30日
[PR]
by markzu | 2004-01-01 07:00 | BBC NEWS