<   2004年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧
琢磨がF1オフィシャルサイトのトップ記事に!!/F1第7戦ヨーロッパGP レース結果
2004年5月30日(日)
佐藤琢磨、リタイア!! 
「どんな時でも誰にでも行ける時はいくぜ!!」琢磨イズム
絶対に彼の主義は↑だと思う。ある意味すごい、バトンの走りがおとなしく見える。
あのまま走っていれば、初表彰台、でも彼は保身的走りをしなかった、素晴らしい!!!
でも、でも本当に残念、ガッカリした。
しかし楽しかったのも事実、琢磨、次回も楽しませて下さい。

F1第7戦ヨーロッパGP レース結果(ニュルブルクリンク(GER):5.148km)a0000883_14373771.jpg
1 M.シューマッハ (GER) Ferrari
2 R.バリチェッロ (BRA) Ferrari
3 J.バトン (GBR) B.A.R Honda
4 J.トゥルーリ  (ITA) Renault
5 F.アロンソ (ESP) Renault
6 G.フィジケーラ (ITA) Sauber Petronas
7 M.ウェバー (AUS) Jaguar Corworth
8 J.モントーヤ (COL) Williams BMW
=写真04年5月28日撮影=

2004年5月31日(月)
佐藤琢磨が THE OFFICIAL FORMULA 1 WEBSITEの30th May 2004のトップを飾りました。
M.シューマッハなどのベスト3公式記者会見を抑えてトップです。
いずれなくなると思いますので、記念に記事をコピー。

Sato's drama-packed weekend
BAR's Japanese star going from strength to strength


Despite failing to make the finish at the European Grand Prix due to another mechanical failure, Takuma Sato's eventful race marked another very strong performance by the young Japanese driver.


Sato's weekend started brilliantly with an astonishing lap of 1:27.691s in pre-qualifying, compared to Michael Schumacher's time of 1:28.278.

And the 27 year old's qualifying performance was almost as impressive, taking P2 on the grid 0.635 seconds behind Michael Schumacher.

"Qualifying third in Spain was a great moment," Sato explained, "but I just wanted to keep improving from there and this [was] the next step. I'm thrilled with my lap because it felt very clean."

At the start of the race Sato lost out on the first lap after a coming together with Jarno Trulli dropped him back to fourth place. During the first round of pitstops he regained positions to - briefly - lead the race before making his first stop.

Sato's three-stop strategy proved an almost perfect match for the two stopper that Ferrari's Rubens Barrichello was running, although after the final round of stops the Japanese ace emerged just behind the Brazilian... but on track for a podium finish.

It was not to be. Sato's relative lack of experience showed through with a very optimistic passing attempt on Rubens into turn one. Heavy contact was made between the cars and the Japanese lost his front wing, necessitating a fourth pitstop. Shortly afterwards he suffered a mechanical failure (his third of the season so far) and was forced to retire.

Still, it was a strong, convincing performance, helping Sato's developing reputation as the greatest Japanese driver.

2004年6月5日(土)
佐藤琢磨のバリチェッロへのアタック(?)について、B.A.R 、ミシュラン幹部の見解、つまり身内の意見ですが、琢磨の行為を讃えた発言をまとめてみました。

■ リチャーズ代表、「タクマを誇りに思う」
 ルーベンス・バリチェッロが「素人のようだ」と評したヨーロッパGPでの佐藤琢磨だが、B.A.Rチームのデビッド・リチャーズ代表は佐藤をこう擁護している。

 「いいかい、コンピュータで計算できるような戦い方しかできないドライバーはわれわれには無用だ。チャンスがあれば、それに堂々と挑むファイターなんだよタクマは。
あそこで安易にまとめれば3位表彰台は得られたかも知れないが、あの時はタイヤも最高の状態だった。ひるまずただ一度のチャンスに飛び込んだタクマこそ、真のレーシング・ドライバーなのだ」

■ ミシュラン首脳、佐藤琢磨を讃える
 ルーベンス・バリチェッロから「素人のようなドライビング」と糾弾された佐藤琢磨だが、ミシュランタイヤのパスカル・ヴァスロン/プログラム・マネージャーはそのファイトを高く評価している。

 「いいかい、われわれのタイヤの特性を考えたら、あそこで行くしかなかったんだ。
次のラップにはもうグリップが落ちてしまうからね。
そのたった1回のチャンスに、タクマはみごとにチャレンジしてくれたよ。フェラーリの1-2を崩す可能性があったのは、ただ一人タクマだけだったんだ。
オフのテストでもミシュランタイヤの開発に彼は大きく貢献してくれた。われわれは彼を高く評価しているね」
 
■ J.クレア氏、「タクとの仕事はチャレンジ」
 前ジャック・ビルニューブのレース・エンジニアで、現在は同じく佐藤琢磨のエンジニアを務めるジョック・クレア氏は「タクとの仕事はチャレンジだ」と、インタビューで語っている。

 「明らかにジャックと共に働いていた時と今とは全く異なるね。タクはジャックとは異なるテクニックを持ち、そしてフレッシュな熱意を持った新しい血だ。
どちらが良いとか悪いとかじゃなくて、ただ両者は異なったものだということ。
そして、すべての状況において、タクを良くするのはわれわれ次第なんだ。
 ジェンソン(バトン)とは結果の上で明らかにタクとはギャップがあるが、しかし彼はそれによって混乱させられてはいない。われわれの次のステップは、タクを表彰台の上に上げることだ。それが彼の帽子に羽根を付けることになるね」(motorsports@niftyから)
[PR]
by markzu | 2004-05-30 23:25 | F1 (2004)
佐藤琢磨2位/F1第7戦ヨーロッパGP 予選
2004年5月29日(土)2
琢磨のおかげで予選が面白い、楽しい。そして今回は2位、フロントです。
さぁ後はレースで結果残してほしい。

リチャーズ代表「タクには興奮させられたよ!」a0000883_862449.jpg
F1第7戦ヨーロッパGP 予選
 1位 M.シューマッハ  Ferrari B
 2位 佐藤 琢磨  B.A.R Honda M
 3位 J.トゥルーリ  Renault M
 4位 K.ライコネン  McLaren Mercedes M
 5位 J.バトン  B.A.R Honda M
 6位 F.アロンソ  Renault M
 7位 R.バリチェッロ  Ferrari B
 8位 J.モントーヤ  Williams BMW M
これで予選はバトンに2勝5敗、レースは1勝5敗。
まだまだだね、これからドンドン勝ってほしい。

=写真は2004年5月15日撮影=
[PR]
by markzu | 2004-05-29 22:33 | F1 (2004)
F1第7戦ヨーロッパGP 土曜日フリー走行
a0000883_20295.jpg2004年5月29日(土)
■フリー走行3回目
1位 J.バトン B.A.R Honda
3位 佐藤 琢磨 B.A.R Honda
10位 O.パニス  Toyota
11位 C.ダ・マッタ Toyota
■フリー走行4回目
1位 J.バトン B.A.R Honda
3位 佐藤 琢磨 B.A.R Honda
9位 O.パニス  Toyota
10位 C.ダ・マッタ Toyota


フリー走行3,4回ともバトン1位、琢磨3位
でも今回はもう騒がないよ、前回みたいなことがあるからね。
さあ午後の予選、琢磨そろそろやってくれよ、頼む、琢磨行ってくれーーー!!
=写真は2004年5月15日撮影=
[PR]
by markzu | 2004-05-29 20:30 | F1 (2004)
ジーコ・ジャパン英国合宿所・写真
a0000883_121445.jpg
2004年5月28日(金)3
行って来ました、ジーコ・ジャパン英国合宿所。
2004年5月28日の文は調べて、書いたのですが。実際に行ってみて驚きました。ホテルの周りはゴルフ場、その周辺はベッカムも住んでいたという超リッチなエリアらしく、本当に素敵な所でした。最高の環境で合宿しているのですから、素晴らしい試合期待したいですね。
=写真は午後6時撮影で天候小雨=ホテル(合宿所)前のゴルフ場
photo collection!(今回の撮影写真多数あります)
[PR]
by markzu | 2004-05-29 06:40 | サッカー観戦その他
F1第7戦ヨーロッパGP 金曜日フリー走行
2004年5月28日(金)2a0000883_831273.jpg

■B.A.R Honda
J.バトン1回目10位、2回目2位。
佐藤 琢磨 14位、10位。
A.デビッドソン 1位、7位。
■Toyota
O.パニス 12位、13位。
C.ダ・マッタ 16位、14位。
R.ゾンタ 5位、15位。 
A.デビッドソンが今回も速いね。

=写真は2004年5月15日撮影=
[PR]
by markzu | 2004-05-28 22:38 | F1 (2004)
ジーコ・ジャパン英国合宿/マンチェスター近郊チェシャー
a0000883_95239.jpg2004年5月28日(金)
寒いです!!
25日までは毎日いい天気で朝晩以外は半袖でも快適だったのですが、ジーコ・ジャパンが英国入りした26日から、いきなり英国天気?に戻ってしまい、今日は雨まで降っています。そしてニュースでは「ジーコ構想崩壊危機、藤田&俊輔&高原リタイア」・・・なんだか天候、話題共にさむいですが、30日アイスランド代表戦、6月1日イングランド代表戦、頑張ってほしいものです。

英国合宿所はマンチェスター空港近くのチェシャー/モットラム・ホール。田園地帯とでも言うのかな、何もない所みたいで、練習、合宿所には最適だと思います。写真は午後から訪ねようと思っていますので、後ほど。
英国・チェシャー州  写真撮影して来ました
=写真は「後ほど」のです=
[PR]
by markzu | 2004-05-28 18:59 | サッカー観戦その他
いい天気が続いています!!
a0000883_12425.jpg
2004年5月25日(火) 
=04年5月15日撮影・Chester ZOO 大きな写真はphoto collection
[PR]
by markzu | 2004-05-26 02:28 | 動物園
前半主役は琢磨?!?/F1第6戦モナコGP レース結果
2004年5月23日(日)
あの琢磨のスタートはなんだ! R.バリチェッロ 、 K.ライコネンの前に一気に出て、そして M.シューマッハのタイヤにキスして「よけなさい」。 M.シューマッハも思わすハンドルを切って、「どうぞ、いって下さい」 でもそれだけでは琢磨の勢いは止まらず、チームメイト・バトンにも襲いかかっているのだから、恐れ入っちゃう、そして今度は、走行中もの凄い白煙だしてコースストップ。その白煙で視界ゼロのコースでD.クルサードにオカマほってG.フィジケーラが横転。
後半はM.シューマッハがJ.モントーヤと接触でリタイヤ。M.シューマッハがピットで星野仙一的な激怒でモノにあたった時、英国のアナは「オオオ、マイケル、ワァォーーー!!!」
■優勝はヤルノ・トゥルーリが初優勝

琢磨の車はガソリンになんか特別な混合物でも入れていたのかな、だからジャンプスタート出来たのですが、エンジンが持たなかった、マチガイナイ!!。(ジョークです!)
a0000883_2195670.jpg
いい感じになってきたぞ、次回は頼む、琢磨!行ってくれ!!飛びたってくれーーーー!!!

F1第6戦モナコGP レース結果(モンテカルロ市街地:3.340km)
1 J.トゥルーリ  (ITA) Renault
2 J.バトン (GBR) B.A.R Honda
3 R.バリチェッロ (BRA) Ferrari
4 J.モントーヤ (COL) Williams BMW
5 F.マッサ (BRA) Sauber Petronas
6 C.ダ・マッタ (BRA) Toyota
7 N.ハイドフェルド(GER) Jordan
8 O.パニス  (FRA) Toyota

=写真は04年5月15日撮影=
[PR]
by markzu | 2004-05-23 23:19 | F1 (2004)
琢磨、カッコ悪すぎ!/F1第6戦モナコGP 予選結果
a0000883_225819.jpg2004年5月22日(土)2
え!、ウソだろ、サイテイ。
言葉を失ったよ!!、あぁ、ガックリ!!!
「チームメートは失敗しましたが、さぁバトンはどうだ」、何度も「琢磨は失敗」とテレビは叫んでいた。英国のテレビでなくとも同じこと言うだろうな。明らかにドライバーミスだもんな。

F1第6戦モナコGP
スターティンググリッド

1.J.トゥルーリ Renault
2.J.バトン BAR Honda
3.F.アロンソ Renault
4.M.シューマッハ Ferrari
5.K.ライコネン McLaren Mercedes
6.R.バリチェロ Ferrari
7.佐藤 琢磨 BAR Honda
8.D.クルサード McLaren Mercedes
9.J-P.モントーヤ  Williams BMW
10.G.フィジケラ Sauber Petronas
=写真は04年5月15日撮影=

(コメントへの僕の返信コメントから)
絵的には最高のタイヤロックでしたよ、asaka_nagamoriさん、まず前輪、白煙、うしろがちょっと流れて、後もロック、白煙。トンネル出口のシケインのフルブレーキングするところでタイヤをロック、それもフロントもリアも、全てをロックさせて白煙ですからね、違う意味きれいでしたよ。でも驚きました、予選で、あそこで、あれだけ攻めすぎたのって、見たことないよ、フルブレーキングしなきゃならないのに、止まんないよ!そのスピードじゃって感じですからね。でももし成功したら、すごい記録でていたかも、紙一重のところで琢磨はいつも失敗しているよね、残念。
[PR]
by markzu | 2004-05-22 22:59 | F1 (2004)
土曜・フリー走行、琢磨3位!!/F1第6戦モナコGP
a0000883_1910.jpg2004年5月22日(土)
■フリー走行4回目
1. M.シューマッハ  Ferrari
2. J.トゥルーリ Renault
3. 佐藤 琢磨 BAR
4. F.アロンソ  Renault
5. J-P.モントーヤ Williams
6. J.バトン BAR
7. D.クルサート McLaren
8. R.シューマッハ Williams
9. K.ライコネン McLaren
10.R.バリチェロ Ferrari

よし、いいぞ、琢磨!
午後の予選、頼む、行ってくれ!!
飛びたってくれーーーー!!!
=写真は04年5月15日撮影=
[PR]
by markzu | 2004-05-22 19:02 | F1 (2004)