F1第15戦イタリアGP予選結果 佐藤琢磨5位PPはライコネン
佐藤琢磨、5位。キミ・ライコネンがエンジン交換で10番降格なので、琢磨のスターティンググリッドは4番目。

でも、バトンが琢磨より速かったので、ちょっと残念かな。今日のフリー走行4回目はマクラーレン2台のあと3位。またフリー走行4回ともジェンソン・バトンより琢磨が速かったのだが・・・バトンにだけは負けてほしくない。彼より速いという証明が必要なのだが、惜しかった。やはり走行順位がもう少し遅いと違ったかもね。

さぁ明日は、4番目からスタートです。やってもらいましょう。もう、やるしかないわけで、速い強い琢磨を見せてほしい。

期待しているぞ! 頑張れ!! 琢磨!!!

F1第15戦イタリアGP予選結果a0000883_2212942.jpg
1 K・ライコネン マクラーレン 1:20.878
2 J・P・モントーヤ マクラーレン 1:21.054
3 F・アロンソ ルノー 1:21.319
4 J・バトン BAR 1:21.369
5 佐藤 琢磨 BAR 1:21.477
6 J・トゥルーリ トヨタ 1:21.640
7 M・シューマッハ フェラーリ 1:21.962
8 R・バリチェロ フェラーリ 1:21.962
9 G・フィジケラ ルノー 1:22.068
10 R・シューマッハ トヨタ 1:22.266
11 D・クルサード レッドブル 1:22.304
12 J・ヴィルヌーヴ ザウバー 1:22.356
13 C・クリエン レッドブル 1:22.532
14 M・ウェーバー ウィリアムズ 1:22.560
15 F・マッサ ザウバー 1:23.060
16 A・ピッツォニア ウィリアムズ 1:23.291
17 T・モンテイロ ジョーダン 1:24.666
18 R・ドーンボス ミナルディ 1:24.904
19 N・カーティケヤン ジョーダン 1:25.859
20 C・アルバース ミナルディ 1:26.964

写真はフィンランド(ヘルシンキ) 2005年8月12日撮影
[PR]
# by markzu | 2005-09-03 21:29 | F1予選/決勝(2005)
小野伸二も僕の住んでいる近くに来る!....?
a0000883_2385925.jpg

小野英国入り!エバートン移籍浮上 :日刊スポーツ

僕にとって、またうれしいニュースが入ってきました。欧州サッカー移籍市場は今月31日に閉まるわけで、この時期の英国入りは移籍の可能性大かも知れない。

ヒデの時も驚いたが、今度の小野伸二のエバートンはリヴァプール。僕の住んでいる所からは車でも電車でも10分位です。

中田英寿のボルトンは、車で1時間。そしてスコットランド・セルティックには中村俊輔。日本のビックネームがどんどん英国に集まっている感じで、いいですね。素直にうれしいです。


+追記(8月29日)
・小野迷い消えた…復帰はフェイエ :日刊スポーツ
小野伸二「今季もフェイエノールト?  もちろんです。僕は今こういう状況だし、ほかに行くところはないんだから」と笑みを浮かべながら断言した。
・・・、残念。

写真は2005年4月29日撮影
Liverpool central 駅近くのエバートンEverton)の公式ショップ。
こちらにも同じ日に撮った写真があります。
[PR]
# by markzu | 2005-08-27 23:21 | サッカーTV観戦その他
F1第14戦トルコGP決勝結果 佐藤琢磨9位優勝はライコネン
佐藤琢磨の予選タイム取り消しや予選タイムなしでエンジン交換が2台、それに予選タイムなし2台と計5台のグリッド順に悩むFIAという記事があがって、琢磨の順位は最後尾じゃないかもと期待したが、逆に悩んだFIAは原理原則通りにしたのか、結局琢磨は一番後ろのグリッド。

レースでは琢磨、燃料満載にしてピットスタート。終盤9位まで上げ、8位のクリスチャン・クリエンを毎周1秒近く速く激しく追い上げ、途中で周回遅れにされていた1位キミ・ライコネンをオーバーテイクの快挙!などなどラスト2周で2秒ちょっとまで追い上げたが、最終周回、なにかがあったみたい*でフィニッシュ時では38.3秒差。惜しい惜しい9位。

佐藤琢磨、20位スタートから9位は素晴らしいが、ノーポイント。ジェンソン・バトンは13位から5位で4ポイント。琢磨の予選成績は14位だったわけで、やはり予選タイム取り消しは痛い、痛すぎ。。。

レースはスタートでルノー2台とライコネンがちょっと行ったり来たりしていたが、すぐにライコネンが独走、「機械的トラブルがないかぎりこのまま行くのでしょうね」(ITVのアナ)・・・、その通りに今回はトラブルもなく優勝。2連勝で今季5勝目。

残り2周で、2位走行のファン・パブロ・モントーヤがコーナーでオーバーラン。フェルナンド・アロンソが難なく2位になりそのままフィニッシュ。この結果ドライバーズポイント、アロンソとライコネンは24ポイント差。これはアロンソ、最年少チャンピオンに向かってますます優位になってきました。
*we were very short on fuel so I had to back off on the very last lap. 燃料も非常に少なくなったので最終ラップはスピードを落とさなくてはならなかった。佐藤琢磨公式サイトより

+追記
・佐藤琢磨「トルコGPでのチームの指示に混乱した」 (F1通信
・ニック・フライBAR代表「デヴィッドソンはご自由に、琢磨は安定性を証明してほしい」 (F1通信
・ニック・フライBAR代表、ウィリアムズにバトンの契約破棄の話し合いを提案 (F1通信
・英国のサイト「タク、最後尾からの反撃で9位に」 (F1通信

F1第14戦トルコGP決勝結果
a0000883_2354676.jpg1 K・ライコネン マクラーレン
2 F・アロンソ ルノー
3 J・P・モントーヤ マクラーレン
4 G・フィジケラ ルノー
5 J・バトン BAR
6 J・トゥルーリ トヨタ
7 D・クルサード レッドブル
8 C・クリエン レッドブル
9 佐藤 琢磨 BAR
10 R・バリチェロ フェラーリ
11 J・ヴィルヌーヴ ザウバー
12 R・シューマッハ トヨタ
13 R・ドーンボス ミナルディ
14 N・カーティケヤン ジョーダン
15 T・モンテイロ ジョーダン

写真はフィンランド(ヘルシンキ)
2005年8月15日撮影
[PR]
# by markzu | 2005-08-22 00:14 | F1予選/決勝(2005)
F1第14戦トルコGP予選結果 佐藤琢磨14位PPはライコネン
土曜のフリー走行は英国時間早朝7時からで、リアルタイムに確認できず、予選が始まる11時にはなんとか起床。BARの2台がフリー走行で調子がよいのを知り(琢磨5位6位でバトンは2回とも2位)、期待したが、、、。

ジャック・ヴィルヌーヴは「ターン8はF1で最も難しいコーナー」と言っていたコーナーでヴィルヌーヴみずからコースオーバー、そしてスピンストップ。

・・・ほんとに難しそうだと思っていたら、佐藤琢磨もそのターン8のコーナーで「致命的ミス」のコースオーバーでタイムロス。そしてチームメイト、ジェンソン・バトンも同じコーナーで後輪が何度も振られてコースを外れたが、琢磨より速いタイムでフィニッシュ。またミハエル・シューマッハはターン9でスピン、そしてコースアウトストップ。

これはやはり、事前にミハエルが発言していたようにかなり難しいサーキットのようです。

それより僕がガッカリしたのは琢磨の予選アタック後のクールダウン走行時に、マーク・ウェバーの予選走行妨害をしたこと。あれは完全にチームの連絡ミスだと思う。琢磨自身も予選中にITV(英国テレビ)のインタビューで「ウェバーがすぐうしろにいることをチームが教えてくれなかった」と答えていた。が、スチュワードが調査中とのこと。なんとも残念な事態が起こってしまった。

いろいろあるが、どんなことがあっても明日のレースでは結果を出してほしい。頑張れ、琢磨!!

+追記
・佐藤琢磨、予選タイム取り消し (F1通信
・ウェバー、琢磨のミスに激怒、しかし・・・ (F1通信

F1第14戦トルコGP予選結果a0000883_218593.jpg
1 K・ライコネン マクラーレン 1:26.797
2 G・フィジケラ ルノー 1:27.039
3 F・アロンソ ルノー 1:27.050
4 J・P・モントーヤ マクラーレン 1:27.352
5 J・トゥルーリ トヨタ 1:27.501
6 N・ハイドフェルド ウィリアムズ 1:27.929
7 M・ウェーバー ウィリアムズ 1:27.944
8 F・マッサ ザウバー 1:28.419
9 R・シューマッハ トヨタ 1:28.594
10 C・クリエン レッドブル 1:28.963
11 R・バリチェロ フェラーリ 1:29.369
12 D・クルサード レッドブル 1:29.764
13 J・バトン BAR 1:30.063
14 佐藤 琢磨 BAR 1:30.175
15 T・モンテイロ ジョーダン 1:30.710
16 C・アルバース ミナルディ 1:32.186
17 R・ドーンボス ミナルディ タイムなし
18 J・ヴィルヌーヴ ザウバー タイムなし
19 N・カーティケヤン ジョーダン タイムなし
20 M・シューマッハ フェラーリ タイムなし

写真はフィンランド(トゥルク) 2005年8月14日撮影
[PR]
# by markzu | 2005-08-20 21:18 | F1予選/決勝(2005)